> お金を借りる > 誰にも知られたくないキャッシング、押さえるべき3つのコツとは

誰にも知られたくないキャッシング、押さえるべき3つのコツとは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.05.10

お金に困ることってありますよね。でも意地やプライド、世間体、お金に困ることになった原因、いろんなことが混ざりあって、お金に困っていることは知られたくないという人はたくさんいます。

そして、キャッシングについても同じ。結局キャッシングを使うより他に方法がなかったとしても、「誰にも知られたくないキャッシングがいい!」という声がよく上るのです。

お金というのは社会の中でもトップクラスの貴重品ではありますが、これを借りるというサービスを利用しつつ、それを周囲に知られないように…というのは可能でしょうか?

実は最近のキャッシングサービスならそれも可能です!ただし、やはりお金を借りるというサービスなのですから、人目につかないようにコツを押さえる必要があるとは言えるでしょう。誰にも知られたくないキャッシングをしたいなら押さえるべきコツを3つほどご紹介します!

1.ネットで手続きすること

現代社会で生きる上で、ネットの使用は必須科目になりつつありますよね!ネットがなくても生きることはもちろん出来ますが、よりスピーディに、より便利に、そしてよりプライバシーを守りつつ生きるのであれば、やはりネットの使用は必須科目です。

キャッシングするときも誰にも知られずに便利なキャッシングを活用するのであれば、まずはネットの使用を考えるべきです。

キャッシングサービスもネットに窓口を作っていることが多いですから、そこからサービスに申し込みましょう。人に会わずにキャッシングが利用できるため、ばれにくくなります。

2.振込型を利用すること

ネットで手続きを終えられたとしても、実際にキャッシングする段になったら自分でキャッシングしなくてはならないとなると、ちょっと不安がありますよね。

もちろんその姿を見られたら絶対にばれるというほどのことではありませんが、万が一ということがあります。何らかの事情でばれてしまう可能性は出てきてしまいますね。

そういう点の不安を潰すため、利用するキャッシングは振込型を選びましょう。ネットから申請すれば任意の口座に振り込んでもらえるというものなら、ますますばれませんね!ネットバンクの口座などを持っているとこういうサービスを利用しやすくなります。

3.絶対滞納しないこと

ネットから申し込んで振り込んでもらえるようになれば、誰にも知られずキャッシングが出来るようになります。あとはその状態を維持することに注意しましょう。せっかく誰にもばれないキャッシングが出来る状態を整えたのに、自分の利用法が悪いとすべて台無しです。

避けるべきは「滞納」です。滞納をすると督促状が送られてきてしまいます。これが来たらすぐにばれてしまいますね。

たとえそれを隠しおおせたとしても、返済がされないなら自宅や職場といった方々に電話がかかってきますから、どうしてもばれてしまいます。せっかくの努力が無になりますから、滞納だけはしないように注意しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加