> お金を借りる > 借入審査に貧乏な見た目はNG!?気をつけたい意外な注意点

借入審査に貧乏な見た目はNG!?気をつけたい意外な注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.17

借入には絶対つきものである審査。これを通過するために気を付けることは何でしょうか?

もちろん収入や仕事の勤務歴などが問われることも多いですが、「見た目」も大事だということを言っておきましょう。見た目にはちょっと自信がないという人は、ちょっと注意してみてもよいかもしれませんよ。

貧乏すぎる見た目はNG!?

見た目と言っても、美男美女かどうかということはあまり関係ありません。アイドル面接ではないのですからね(笑)

じゃあよっぽどでない限り大丈夫なんだろうな…と思いたいところですが、見た目によっても人間性が判断されるのはある程度常識的な話ですよね。見た目がすべてではないにしろ、見た目も重要なカウント項目です。

たとえば、見た目からして「お金に困っている」というのが一発でわかる貧乏っぷりであると少しマイナスかもしれません。

借入というのは一時的金欠に使うのはよいのですが、慢性的な貧乏状態では返済不能に陥る可能性が高いため、慢性的貧乏で困っている人は意外にも借入審査での評価が高くありません。

ヨレヨレのTシャツ、穴の開いたズボン、伸び放題のヒゲや髪の毛、そして何日も風呂に入っていないのがわかるような状態では、通過できる審査も通過できないかもしれませんよ?

就職面接ではありませんから、必ずしもリクルートスーツで決める必要はありませんが、常識的な見た目を心がける必要があります。

わからない人はこうしよう

あくまで常識的な見た目をしていれば問題はないのですが、見た目というのはなかなかに難しいものですよね。見た目にだけは自信がないという人もおられるでしょう。服装を整えるのが苦手という人も決しておかしくはありません。

見た目を整えるということを難しく考え始めるとキリがないかもしれませんね(笑)

どうしても服装や見た目だけは苦手だという人に押さえておいてもらいたいのは、「清潔感」です。見た目といって相手に好印象を与えるようなオシャレな服装をしろと言っているわけではありません。

常識を疑われるような見た目を避けることを意識してください。服装が少々野暮ったいとか、服が着古しているとか、その程度ならまったく問題はありません。

繰り返しますが、大切なのは清潔感。何日も来ている洋服を着ていくのは勧めません。ちゃんと綺麗に洗濯した服を選んでください。服が綺麗でも着ている本人が不潔では意味がありませんから、ちゃんとお風呂に入って体を綺麗にしてから行きましょう。

そうすれば、少なくとも見た目で常識を疑われるということはないはずです。そこさえクリアすればよいのですからそんなに難しくありませんよ。

見た目を整えるのが面倒なら

見た目に対して過度なコンプレックスを持っている人もおられますよね。そういう人にとって、借入審査には見た目も多少は影響するというのは震え上がるほど緊張する話だったかもしれません。

見た目を気にし始めたら何もできない…というほど見た目のことが苦手であれば、見た目が問われなくなる方法で借入を申請しましょう。キャッシングやカードローンに限れば最近はネットから申し込みができるケースが少なくありません。

ネットから申し込めるということは、見た目うんぬんの話を一切気にしなくてよくなるということ。

実際に自分がどういう見た目をしているかという話とは関係なく、とにかく見た目を問われるのが苦手だという人は、ネットから申し込むことを勧めます。これなら多少貧乏な見た目をしていても問題なくなりますしね。

このエントリーをはてなブックマークに追加