> お金を借りる > 「その日にお金もらえる仕事」とキャッシング、注意したい相性

「その日にお金もらえる仕事」とキャッシング、注意したい相性

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.28

キャッシングを利用するときにとにかくよく上げられる不安というのは、審査に通るかどうかについてのこと。審査に通るか通らないかでお金を借りれるかどうかが決まるのですから当然かもしれませんね。

そっけないことを言えば、審査に通るかどうかはやってみなくてはわからないということになるかもしれませんが、それが不安だと皆さんは言っているんですよね(笑)。不安な人はこれからお話することを注意してみてください。

キャッシング審査に絶対に必要なこと

キャッシング審査にとにかく必要とされる第一条件は、仕事をしていることです。これについてはもう多くの説明は必要ないですね。お金を貸す側は返してもらわなくてはなりません。

そのためにはその人に将来的に収入がなくてはならないわけです。となると、仕事をしている人には貸すけど、そうでない人には貸さないということになりますよね。

無職者でもキャッシングを使いたいという声もよくあるのですが、今言ったことからまず審査に落とされます。どんなものでもよいので、とにかく仕事をしていることは絶対に必要なのです。

ちなみに、キャッシングサービスだけに限るのなら、仕事の中身はどんなものでも構いません。

お小遣いレベルだと借りれる額もかなりの少額になるでしょうから、できればその収入で生計を立てられるくらいになっていることが望ましいでしょう。それくらいの収入があればアルバイトでもキャッシングを使うことは可能です。

審査に受かるかどうか不安なときは、自分の収入を考えてみてください。去年の年収はどれくらいいきましたか?その額を考えてみればけっこう自信を持てるかもしれませんよ?

その日にお金もらえる仕事の場合

キャッシングの利用においては収入がある仕事であれば何でもよいという傾向はあるものの、何であっても本当に問題ないかというと注意もあります。生活するには問題なくても、キャッシングサービスとは少し相性の悪い仕事もあるからです。

たとえばその日にお金もらえる仕事です。日雇いバイトなどですね。他にも雇用期間が1週間から1か月程度の短期アルバイトなども含まれます。これらの仕事が悪いとは言いませんが、キャッシングサービスとは少々相性がよろしくありません。

なぜかというと、これらの仕事は今日の収入は保証されても将来的収入が保証されないからです。キャッシングサービスに申し込んだときは仕事をしていても、返済期限を迎えるときには無職状態になっている可能性があります。

もちろんそれは他のどの仕事においてもそうなのですが、可能性の高さでいえばこれらの短期職務の方が可能性が高く、キャッシング審査において不安視されやすいのです。

これらの仕事で主に生計を立てている場合、キャッシング審査は少し注意が必要です。

確実に借りたいときは

確実にキャッシングサービスを利用し、お金をゲットしたいのであれば、できれば日雇いバイトや短期アルバイトなどより長期雇用の仕事が望ましいでしょう。別に無期限雇用の仕事に就く必要はありません。

自分が希望し、他に特別な事情がない限りは長期間働くことができるアルバイトなどで十分です。コンビニでもスーパーでも飲食店でも構いません。長期間在籍できる仕事を探しましょう。

そういう仕事に就き、一年程度の勤務実績があればキャッシング審査はそれほど難しくありません。もしいつでもキャッシングできる状態にありたいのであれば、こういう仕事をメインに据えることをオススメします。

このエントリーをはてなブックマークに追加