> お金を借りる > サラ金取り立てはどんなもの?確認すべき意外な実情!

サラ金取り立てはどんなもの?確認すべき意外な実情!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.03

サラ金もまた、お金を借りようと思う人が頼れる場所の一つですが、利用をためらう人もちらほらと見られます。理由はそれぞれあるでしょうが、サラ金取り立てはひどいという噂を聞いたからという人が多いのではないでしょうか?

借金は返すことを前提に借りるものですが、どうしても返しきれないことだってあります。そんなときにひどい取り立てをされるとわかっていると、やはり利用をためらってしまうのも無理はありませんね。

ですがちょっと待ってください。サラ金の取り立てとはどういうやり方でやられるものなのか、冷静に確認してみましょう。

取り立てがひどいという噂は本当か?

自宅に取り立て人が押し掛けてきた、嫌がらせのような電話をされた、差し押さえといって勝手に私物を持っていかれた…などなど、サラ金にひどい取り立てをされたとされる噂話には事欠きません。

しかし大事なのは「それは真実なのか?」ということです。それが本当であればサラ金はできれば利用したくない業者になると思いますが、本当でないとしたら注意が必要ですね。冷静に噂話を検証してみれば怪しい部分も見えてくるものです。

結論から言いますと、サラ金だからひどい取り立てをするというイメージは間違いです。サラ金だからといっても越えられない一線はあるもので、まともなサラ金だったらそんな非常識な対応を取るとは考えにくいのです。

サラ金の取り立ては案外普通の金融機関のものとそう変わりません。督促状や電話連絡などによる返済の催促をし、あとは法的な場に持ち込むといったものです。サラ金側の勝手な理屈がまかり通るということはそうありませんのでご安心を。

厳しい対応はもちろんありえる

サラ金を利用してひどい目に遭ったという人もいるかもしれませんが、そういう意見も注意して聞いてみましょう。よくよく聞いてみればサラ金側に過度な落ち度はないこともあります。

サラ金が厳しい対応を取ることはもちろんあります。返済を滞納している人には返済の催促はもちろんしますし、差し押さえを睨んだ裁判に持ち込むことだってあります。

厳しい対応ではありますが、非常識では決してありません。貸金業者として当然のことをしたまでという部分の方が大きいでしょう。

サラ金は期日までに返すという約束のもとにお金を貸しているのです。その約束を破った人には厳しい対応を取らざるをえないところもあるのです。そうでなくては貸金業という商売は成り立たないのですから。

ただし、厳しい対応はとっても非常識な対応は取らないのがまともなサラ金です。法律に則った取り立てはしても、業者側の一方的な都合をゴリ押ししてくる取り立てやほとんど嫌がらせに近い取り立てはしてきません。

もし非常識な対応をしてくるサラ金があったとしたら、それはもしかすると闇金だと思った方がよいかもしれません…。

まともなサラ金なら普通に使える!

サラ金のすべてがまともな業者とは必ずしも言えないのですが、まともな業者であれば普通に使えるということがおわかりいただけたでしょうか?サラ金と闇金をごちゃ混ぜにしている人もいますので気をつけてください。

違法行為に手を染めていないまともなサラ金であるのなら、あとは銀行などと同じように使えばよいだけです。条件を検討の上で計画的にお金を借り、後は滞納しないように注意するだけ。簡単ですよね?

サラ金しか使えないという状況なら、まともなサラ金をチョイスすればよいだけ。そういう業者を探し出し、お金を借りてみてはどうでしょう?

このエントリーをはてなブックマークに追加