> お金を借りる > サラ金って本当にあるの?知ると驚くサラ金の真実!

サラ金って本当にあるの?知ると驚くサラ金の真実!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.06

サラ金で借りているという話を聞いたことがないと不思議に思っている人はいませんか?キャッシングを使っているという人はよく見かけても「サラ金で借りている」という人はあまり見かけないところもあると思います。

お金に困ったらサラ金へ…などともよく言われますが、その「サラ金」というのは本当にあるのでしょうか?「サラ金」という看板も見かけませんが、サラ金とはいったいどこにあるのでしょう?

サラ金とは貸金業者の呼び方の一つ

サラ金とはどんな貸金業者のことを指すと思いますか?最近ではあまりメジャーではない業者のことではないかと思う人もいるでしょう。そこから「中小の貸金業者のことでは?」と思える人もいると思います。

答えですが「こういう業者がサラ金」というような明確な定義はありません。サラ金とは貸金業者の中の一形態というより、貸金業者の通称だと思っておいてください。これこそがサラ金!といえるような由緒正しいサラ金というのは存在しないのです。

サラ金の利用者はたくさんいる!?

サラ金が貸金業者の呼び方の一つだということがわかったら、ではサラ金の利用者はどれくらいいるのかが気になりますね。サラ金の利用者は多いのでしょうか?

実は、かなりの人数にのぼります。「サラ金を使っている人なんて見たことも聞いたこともない」という人もおられるでしょうが、実際にはサラ金の利用者はたくさんいます。もしかするとそうだと気づいていないだけかもしれませんね。

サラ金というからなんだか物珍しいような感じがしますが、「消費者金融」と言ってみたらどうでしょう。これもまた貸金業者の呼び方の一つですが、要は同じことです。貸金業者を指す呼び方です。

サラ金を使っている人はあまり見たことがなかったとしても、消費者金融を使っている人ならどうですか?消費者金融でお金を借りている人はけっこうな人数にのぼりますね。

もうお気づきになったでしょうか。サラ金と呼ぶか消費者金融と呼ぶかは呼び方の問題だということです。サラ金の利用者数というのは要は貸金業者の利用者数のことです。貸金業者の利用者数がイコールでサラ金の利用者数だと思っておいてだいたい間違いはありません。

サラ金と呼ぶか消費者金融と呼ぶかは語感の違いによって使い分けられていることもあり、貸金業者自身が使い分けていることもあれば、利用者も使い分けていることもあります。消費者金融という言葉をあえてチョイスして使っていたとしても、それはつまりサラ金のことです。

言葉の流行が変わったせいで見えにくくなっていますが、今でもサラ金もその利用者数も隆盛なのですね。

「サラ金」を利用するのは問題?

サラ金というのは貸金業者の中の特別な形態というように思っていると消費者金融とは別物のように思えますが、要は同じ物であるのはもうわかりましたね。

ならば「サラ金って本当にあるの?使いたいときはどうすればいいの?」というような疑問はもう見えたも同然です。

サラ金を使うのは消費者金融を使うのと一緒ですから身近なものです。利用も別に問題はありません。利用者数もかなりの数になりますから安心ですよね。サラ金を使いたいなら消費者金融の元にアクセスすればよいわけです。

仕組みがわかれば大したことはありませんね。「サラ金」をあまり大げさに考えない方がよいでしょう。サラ金も現実的選択肢の一つですから、お金を借りたいときは遠慮なく使ってみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加