> お金を借りる > パート勤務でもキャッシング審査に受かる重要なコツ!

パート勤務でもキャッシング審査に受かる重要なコツ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.29

お金を借りたいときは審査を通過しなくてはなりませんね。年収が多く、社会的にも評価が高い仕事をしている人ほど審査への不安は少なくなりますが、パート勤務のような仕事だと「通過できるんだろうか…」と不安の声を口にされる人が少なくありません。

一応、キャッシングサービスに限ればパートでも使えると言われています。現にサービス条件に「パートアルバイトOK!」と明記されていることもよくあります。ですのでパート勤務でも使える可能性は十分にあるのです。

しかしパート勤務がネックだったのか、審査に落ちてしまったという人もおられます。パート勤務でも一応使えるとされるキャッシングサービスですが、実はパート勤務で申し込みをするときには押さえたいコツがあります。そのことをお教えします。

パート勤務、年収ではどうしたって不利

審査通過のコツを考えるとき、どうしたって外せないのが「審査通過に必要な条件」です。いったいどういう条件が揃えば審査を通過することができるのでしょうか。

パート勤務の人には少し厳しい現実を突き付けることになってしまいますが、キャッシングを始めとするローン審査において必要な条件とは「年収」になります。

年収が高い仕事をしている人から「ローン審査が心配」という声はせいぜい住宅ローンのような高額のローンを利用するときくらいしか聞かれません。年収が高いとキャッシング程度の審査で不安になることはあまりないのですね。

キャッシングというサービスは年収が低くても、低いなりに限度額を調整することで利用できるからこそパート勤めでも可能性があるのですが、しかしそうはいっても年収が高い方が話が早いのは事実。年収が低いことの多いパート勤務では苦労することもやはりあります。

そうならないためには年収が高ければいいという話になりますが、パート勤務に昇給・賞与はないことがほとんどですよね。

就労時間を増やすといっても限度があります。パート勤務で高年収は望み薄。つまり年収で勝負しようと思ったら、パート勤務だとどうしても不利なのです。

審査で有利になる別の条件は?

キャッシング審査通過のために重要である条件は年収なわけですが、それだけが審査で見られる条件のすべてではありません。他にも重視される条件があります。

それは勤続年数です。キャッシングは将来の経済力を予想して貸すか貸さないかを判断しています。

今単発で大きな収入がある人でも、将来的な収入がゼロであると予想される人の評価はあまり高くありません。安定的に将来に渡って収入があると思われる人の方が評価が高いのです。この条件をよく覚えておきましょう。

パート勤務は勤続年数の高さで勝負を!

パート勤務というのは昇給賞与がない代わりにずっと同じ場所で働き続けることを期待されることが多いですよね。勤続年数で言えば10年以上に渡るというベテランパートも珍しくありません。

パート勤務でキャッシング審査を通過するときはこちらの条件を狙いましょう。つまり年収の高さは捨て、勤続年数の多さで高評価を得ようという作戦です。

たとえ年収が低くてもすでに10年以上同じ職場で働き続けている人の評価は高いものがあります。年収が低いため、高額キャッシングは難しいですが、その年収で借りられる額なら簡単に貸してもらえるでしょう。

10年以上もの勤続年数があれば嬉しいですが、実際はそこまで極端なものでなくても構いません。2~3年程度の年数があれば十分、最低でも1年以上あれば評価は悪くないでしょう。審査に受かる可能性を上げるには勤続年数に注力ください!

このエントリーをはてなブックマークに追加