> お金を借りる > 親の同意無く借入したいなら断然選ぶべき方法!

親の同意無く借入したいなら断然選ぶべき方法!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.27

借金するとき、親の同意が必要かどうか気になる人も多いと思います。成人して就職していれば借金だって自分の意志でできるもの、と言いたいところですが、利子もつけないといけないような借金というのはえてしてリスクがあるもの。

そのリスクをヘッジするため、お金を貸す側が親の同意などを求めるというのはよくある話です。仕方ないと分かってはいても、やっぱり親の同意無く借入したいというのが成人した社会人の本音ではないでしょうか。

就職し、家計も別になっているのにいまさら親の同意がないとお金も借りれないのは窮屈だと感じられるのも自然です。親の同意無く借りる方法はないものでしょうか?

カードローンなら親の同意不要!

親の同意といった面倒なものなしでお金を借りたいと思うのならカードローンを選ぶべきです。これを選べば、まさに多くの人がイメージしている通り、「自分の名義」のみでお金を借りることが可能!

ある程度の条件は必要になりますが、最低でも自分に収入があるのならOKとされることが多いのです。

必要な条件というと、成人していること、名義人本人に職があり安定的収入があることといった借金をする上でごくごく基本的な条件のみです。借金にありがちである保証人、担保といったものは不要なのが原則。

だからカードローンを選ぶ限りにおいては親の同意を求められることが少ないのですね。親の同意というのは何なのか、正直にいえば「連帯保証人」に他ならないことが多いのです。

だからこそ保証人不要が原則のカードローンを選んでおけば親の同意が必要といった話にはならないのですね。

誰にとっても使いやすい特徴!

保証人を要求されないというのは誰にとっても嬉しいことではないでしょうか。借りようと思っている額にもよりますが、もはや親の同意を求めるような年齢にないような状態であっても保証人としての親の同意を求められることはあります。

それなりに大人としてのプライドもできてきた中、いまさら未成年者のように親の同意が必要というのはおもしろくないと感じる人も多いでしょう。

そんなとき、保証人なしですぐ使えるカードローンは便利ですね。それなりに大人としての地位も収入もあるのなら何の問題もなく使えることがほとんどだと思います。

もちろんもっと若手の社会人にとってもカードローンは頼もしいサービス。大人になって欲しいものや付き合いなどもある中、親とは関係なくキャッシングしたいと思うこともあると思います。

若手社会人として地位も収入も発展途上である中、最低限の収入さえあれば保証人なしで借りれるこのサービスはまさにピッタリですね。

未成年だけは必要です

ただし、親の同意なしで借りられるのは成人した社会人のみです。これまで述べてきたように、成人した社会人ならカードローンを選ぶことにより、親の同意なしでお金を借りられる余地がいくらでも出てくるのですが、これが未成年になるとどうなるのでしょうか?

カードローンは未成年でも親の同意なしで利用できるのでしょうか?

残念ながらカードローンサービス自体未成年は使えないとされていることがほとんどであり、未成年でも使えるカードローンというのはあまり見られません。ですからカードローンを使って親の同意なしで借りるという線は消えます。

それ以外の方法では?なおさら未成年が親の同意なしで借りることは不可能でしょう。未成年者は一部の例外に限り、親の同意という形で連帯保証人をつける限りにおいて借りられることがほとんどです。

このエントリーをはてなブックマークに追加