> お金を借りる > いい方法があります!親にばれない消費者金融の使い方!

いい方法があります!親にばれない消費者金融の使い方!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.03

消費者金融を使うとき、親にばれたくないと感じる人は多いですよね?消費者金融は別に違法なサービスではありませんが、借金を嫌う人からは嫌がられる傾向にあるもの。

親がそういうタイプだと「いちいちうるさいから」ということで黙って利用し、ばれない方法があれば嬉しいなというところではないでしょうか?

消費者金融でお金は借りたいけど親にはばれたくない。そんな人は親にばれない消費者金融の使い方をマスターしておきましょう!

普通に利用してもばれない!?

親にばれない消費者金融の使い方というと何か特別なテクニックが必要になると思う人もいますが、そんなことはありません。案外ごく普通に消費者金融を使うだけでばれないこともあるのです。

あまり注意が必要ないのは、親と同居していない人。一人暮らしなどをしていればベストです!そういう人はほんのちょっとのコツを押さえるだけで親にばれずに消費者金融が利用できます。

必要なのは消費者金融で提供されているキャッシングなどを普通に利用すればよいだけ。最近は原則保証人が不要で利用できるサービスも多くあります。親に保証人になってもらう必要がないため、自分一人で黙って利用することができるのです。

利用を開始した後、当たり前の話ですが利用者以外の人に請求がいくこともありません。滞納にさえ気をつけていれば、消費者金融を使っていることは親にも周囲の人にもばれないでしょう。

親と同居しているときの消費者金融利用のコツ

親と同居さえしていなければ親にばれないように消費者金融を利用するのは案外簡単ということがわかったと思いますが、では親と同居していたらどうなのでしょう?さすがに同居している状態で親にばれないように消費者金融から借りるのは厳しいと思いますか?

親元から離れているときよりは若干条件が厳しくなっているのはその通りですが、決して不可能というわけではありません。いくつかのコツを押さえれば可能性はあります。

まず気をつけたいのが消費者金融の郵便物です。消費者金融に申し込みをすると何らかの郵便物が送られてくる可能性は高いですが、それが自分の留守の間に届いてしまうと利用がばれてしまいますね。これでは意味がありません。

ではどうすればいいのか?簡単な話で、郵便物が届かないものを選べばよいのです。

郵便物を送らなくても済むような手続きで利用できる消費者金融を選べば、黙って申込みをし、郵便物なしで手続きを終えれば晴れて利用ができますね。利用開始後も郵便物が来ないかどうかは要チェックです。

ちなみに、親と同居している場合、滞納には一層気をつけましょう。滞納して督促状が届いてしまった場合、それを誤魔化す言い訳は存在しませんね。

利用がばれにくいサービスも確実にチョイス

消費者金融の利用を周囲に知られたくないときは、利用がばれにくいサービスを確実にチョイスしましょう。利用がばれやすいものは使わないべきです。

お勧めなのはカードローンです。大手の消費者金融であれば大抵用意されていますから確実にチョイスしてください。これを選べば同居家族がいてもそう利用を悟られません。一人暮らしならなお確実!

NGなのはお金を借りるために毎度その消費者金融の店舗に行かなくてはならないようなものです。そういうものを使うとその姿を目撃されれば利用がばれてしまいます。ばれたくない消費者金融の利用はカードローンを活用してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加