> お金を借りる > 税金滞納のピンチにカードローンを使う人が多いワケ

税金滞納のピンチにカードローンを使う人が多いワケ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.17

税金を滞納しそうになったら、カードローンが活躍することをご存じでしょうか?カードローンで税金分のお金を借りて、そのお金をそのまま納税に回すというわけです。こういう用途で使われることも多いのですよ。

しかしなぜそこまでして?と不思議に思う人もおられるでしょう。この使い方の何がよいのか、簡単にご説明します。

納税の意外な落とし穴

社会人であれば納税のことまできちんとできて当たり前!社会ではこのように言われます。まったくもってごもっともな意見ですが、正直言って建前的な部分も小さくありません。税金のことを忘れていてあわや滞納という思いをしたことがある人は決して少なくないでしょう。

それと言いますのも、税金は忘れた頃にやってくるようなところがあるからです。所得税など、一年に一回しかやってきません。消費税のように日常的に目にするものでもありませんから、つい意識から抜け落ちたとしても無理はないでしょう。

しかし納税は社会人の基本的務めです。日常感覚では忘れるのも無理はないとはいえ、だから納税手続きもなあなあでいいというわけにはいきません。納税はきっちりやらないといけません。

納税がいい加減だと、自身の信用問題にもなりかねません。社会人としての義務を果たせていない人は一人前として扱われません。そうなるとビジネスにも直接的に影響しかねませんので、納税には神経を使っている人が多いというわけなのです。

納税のピンチにはカードローンを!

納税シーズンにカードローンを使って納税する人がちらほら出てくるのもこれでわかりますね。納税は自身が納めるべきお金を要求はしますが、それが自身のサイフから出たお金でないといけないというところまでは要求しません。借りたお金で納税をしたって悪くはないのです。

ということは、納税に不備を出したくない人にとってはカードローンが便利ですよね。納税といってもよほどの高額所得者でない限り、数万から数十万程度あれば十分でしょう。それくらいならどのカードローンでもいけることが多いです。即日でも借りれるほどでしょう。

納税分のお金を用意しておくのを忘れた!というときは、急いでカードローンを契約し、必要な納税分のお金をキャッシングすれば、とりあえず納税だけは間に合います。

納税さえやっていれば社会的信用は保てます。社会的信用さえ保てれば、あとはしっかり仕事することでお金は取り返せます。税金滞納のピンチを乗り切るテクニックとして使えますよ。

分割払いでも返せるカードローン!

カードローンで税金を払うことのメリットとして、分割払いで返済できることも見逃せません。

税金は社会人としての義務ということで、業者のサービスを利用しているときほど融通がきかない一面があります。分割払いなら払えるということで応じてもらえることはあるものの、一括払いを求められることも多いでしょう。

下手なことをして信用に傷がつくのが嫌なら、やはりここもカードローンの出番!カードローンのお金で一括納税しておき、カードローンへの返済を分割でやれば、結果的に納税を分割払いでやったのと変わりません。

間にカードローンを挟むことで融通のききにくい納税を上手に乗り切ることもできるのですね。納税をうまくやるテクニックの一つとして、カードローンのことを覚えておいてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加