> お金を借りる > 借金の支払いできないならまず任意整理から考えるべき理由

借金の支払いできないならまず任意整理から考えるべき理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.15

お金に困ったときはもうそれで万事休す、なのでしょうか?いえ、諦めるのは早すぎますね。お金がないなら借りるという方法があります。一時的な金欠には絶大な効果を発揮してくれますよ。

ただ、借金をすることによってトラブルになることもあります。巡り合わせが悪いこともありますからね。そういうときに上手に対応できるよう、トラブル対応も知っておきましょう。

借金支払いできないときは任意整理

借金があるのに支払いできない!悲鳴のようなこの声はよく聞かれます。借金が返せないなんて大変なことじゃないか…と思えますよね。

その通りです。借金が返せないなんて誰が見てもヤバイ状況だというのはわかりますね。マンガの中の話のようですが、案外現実でもちょくちょく起きていることです。

支払いできないと思うときは、まずはお金を作る努力をしてみましょう。友達からちょっとだけ借りたり、残業したりバイトしたり、後はいらないものを売ってみるというのもアリです。これらの努力でなんとかなることもありますから、諦めずに対応しましょう!

それでもダメなら?そのときはやむを得ません。あまりよいことではないのですが、どうしても返せそうにないなら借金を整理するしかありません。そのための方法として、任意整理をお勧めしておきましょう。

これはお金の貸し手と交渉することで債務額を減らす方法です。どういう整理になるかは貸し手との交渉次第ですが、もちろんすんなりとはいきませんよ(笑) 借金を減らしてくれと言っているんですからね。

自分で交渉してやるのはほぼ不可能です。任意整理をしたいなら弁護士に依頼し、間に入ってもらいましょう。法律と交渉事のプロである弁護士に頼めば、上手に債務額を減らせる見込みがあります。

任意整理と自己破産、任意整理の方がマシ!?

任意整理も借金を返しきれないということでできれば避けたい方法ですが、最悪のケースである自己破産を回避できるという意味でまだお勧めできます。

自己破産と任意整理を比べると、自己破産の方が有名なところがありますよね。借金に困ったら破産すれば大丈夫と思っている人は少なくありません。任意整理を飛ばして自己破産に進んでしまう人も多いのではないかと思うのです。

しかし、それよりはまだ任意整理の方をオススメしますよ。任意整理は減額こそしてもらうものの、自分が返せるギリギリ最大額まで返済に応じるケースが多いのです。

今このときに返せるだけのお金を返して終わりではなく、ある程度のスパンをかけて返せるだけ返すという形になることが多いでしょうか。

一方的に借金をチャラにしてしまうような自己破産より、まだ多少は見栄えがいいですよね。これは借金整理後のローン利用において大きな差が生まれます。

どちらも金融事故として扱われますので、以後は借金をするのが難しくなるのですが、まだ任意整理の方が謹慎期間が短くて済みます。

自己破産はローン審査においてこれ以上ないほど最悪の印象を与え、下手をすると10年近くローン利用から締め出されることになりかねません。自己破産も悪くないのですが、まずは任意整理の方を考えることを勧めます。

そもそもどちらのお世話にもならないのがベスト

自己破産と任意整理だったら任意整理の方がマジというお話をしましたが、結局はどちらもローンをちゃんと利用できていないことに変わりはありません。任意整理も自己破産よりはマシとはいえ、5年近くはローンが使えなくなるものと覚悟しておいてください。

お金を貸した側から言えばどちらも似たようなものだと感じられるかもしれません。どちらのお世話にもならず、ちゃんとお金を返しきれるのがベストだということはよく理解しておいてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加