> お金を借りる > ニートでもカードローン持てる!?不思議な状況のカラクリ!

ニートでもカードローン持てる!?不思議な状況のカラクリ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.24

カードローンがあればお金に困ったとき、ATMからすぐにお金を借りられます。コンビニATMでも借りれますからその便利さは大きなものがありますね。

お金に困ることが多い人こそ持っておきたいアイテムですが、働いている人でないと持てないのは言うまでもありません。カードローンも「ローン」の一種。働いていない人はどうしても利用することが難しいのです。

というのが基本的な話ですが、カードローンのカードをお財布からサッと取り出してキャッシングしている「ニート」がいたとしたら、ちょっと仰天してしまいますね。

ニートも確か働いていない人のはずですが…?ニートならカードローンを持てることもあるのでしょうか?

審査通過は非常に厳しい

そんなことはありませんね(笑)。カードローンというのは無職だと使えないもの。働く意思はあるけど現在失業してしまっていて、目下就職活動中という人ですら利用することはできないのです。

まして働く意思すらない無職者となると、カードローン審査に受かるかどうかは火を見るより明らかです。どんな手品を使ってもニートがカードローンを契約することは不可能でしょう。

もし仮に申請したとしてもネット上の仮審査でアッサリ落とされて終わり。何度やっても結果は一緒です。

このそっけなさを見れば、万に一つもニートがカードローンを使える可能性はなさそうですが、それではカードローンを持っているニートがいたとするとそれはどういうわけなのでしょうか?

ニートでもカードローンが持てる可能性があるとしたら

ニートで一からカードローンを契約するのは不可能なわけですから、もしカードローンを持っているニートがいたとすると、それはニートになる前にカードローンを契約しており、そのまま継続利用しているケースが考えられます。

カードローンは一度契約すれば長期間にわたってキャッシングが利用できる制度です。カードローンを最初に契約していたときと今の職業が変わっているという人は少なくありません。

それを契約したときは働いていたけれど、今はニートをやっているというケースも考えられなくはありません。カードローンを持っているニートというとこの可能性が高いと言えます。

また、本人が「ほとんど働いていない」ということでニートと名乗っていても実際は短期のアルバイトなどを繰り返している例もあります。

そういう場合だと厳密にはまったくの無職ではないのですから、カードローンを利用できる可能性もゼロではありません。そういうニートならカードローンを新たに契約できる可能性もありますね。

無職での利用はNGです

多少は働いている自称ニートを除き、完全なるニート状態でカードローンを使うのはよいことなのでしょうか?とてもそうは思えませんね。

無職者がキャッシング審査ではじかれるのはお金を貸しても返済が滞る可能性が非常に高いからです。仮にカードローンを使えるニートがいたとしても、使うのはNG。在職中に作ったカードローンを使うのは控えましょう。

理由はもちろんそのカードローン利用分はまもなく返済不能に陥る可能性が高いからです。まったくもって不毛な行為です。

お金に困っているのならカードローンを使うことよりそれ以外の方法でお金を調達する手段を考えましょう。そちらの方が健全です。

就職をし、安定的にお金が入るようになればカードローンの利用も問題なくなります。そうすれば必要に応じて手持ちを増やせるカードローンは非常に便利なサービスとなるでしょう。

カードローンを便利に活用するためにも、とりあえずアルバイトくらいは始めてみてはどうでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加