> お金を借りる > お金を借りるのは可能か!?返せる見込みのある無職のケースを検証!

お金を借りるのは可能か!?返せる見込みのある無職のケースを検証!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.05.10

お金に困ったとき、借りるのは可能でしょうか?大半の社会人の人にとっては何の問題もなく借りられることが多いであろう場面ですね。お金に困ったときにこそ使いたいのがキャッシングなのですから、使いたいと素直に思えるときは利用を考えてみましょう。

しかし、場合によっては勧められないケースなどもあります。それが「無職」というケース。無職は収入がないため、借りても返せないだろうと判断されるのが一般的です。そのため、いくらお金に困っていたとしても、無職者はキャッシングを利用できないことが多いのです。

キャッシングにおいては常識的でさえあるこの図式ですが、ときに「絶対に借りたお金を返せる見込みある無職」であった場合はどうなのでしょう?

無職がお金を借りられないのは、借りた後でそれを返せる見込みがないからです。それなら、借りた後でも絶対と言ってよいほどお金を返せる見込みがあったとしたら、無職でもお金借りることはできるのではないかということになりますよね。こういうケースがあったとしたらどうなのでしょう?

絶対お金を返せる見込みのある無職というのは少しイメージしづらいですが、たとえばこういうケースなどはどうでしょうか?

無職は無職であり食うや食わずの生活をしているのですが、なんと宝くじ一等三億円に当たりました。換金すれば間もなく大金持ちになります。

しかし換金するには少し手続きに時間がかかります。換金が終わるまでの生活費が足りそうにありません。そこで換金が終わるまでの生活費をキャッシングしたい、といったケース。

やや極端な例ではありますが、こういうケースなら「絶対にお金を返せる無職者がキャッシングしたい」という状況になりますよね。この無職者はお金を借りられると思いますか?皆さんがお金を貸す側ならどうでしょうか?

事情はどうあれ、とにかくすぐにお金を返せる絶対の見込みがあるけど今はお金を借りたいという無職者の場合、ネットなどから申し込めるキャッシングやカードローンなどをすんなりと利用できることは少ないかもしれません。

事情を説明すればわかってもらえる可能性はあるものの、少なくともそれはネットからの申請では厳しい可能性が高いからです。

ネットからできる申請というのは、どちらかというとすんなり利用できる人用のフォームという趣きがあり、特殊な事情がある人にとっては少々不向きなものになっていることが多いのです。

無職だけどお金を返せる見込みはあるから貸してほしいというときは、店舗などに出向き、詳しく事情を説明できるだけの場で申請した方が可能性は高いでしょう。

それでも無職という状況を不安視され、利用を断られることはあると思いますが、少なくとも事情を説明できないことには可能性はほぼゼロのままです。

少しでも可能性を上げるため、まずは事情を説明できる方法によって借入を申請しましょう。そうすれば、場合によっては無職でも貸してもらえるかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加