> お金を借りる > 無職でもお金を借りられる?わずかな可能性をお教えします…

無職でもお金を借りられる?わずかな可能性をお教えします…

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.05.12

無職でお金を借りる方法というのはあるのでしょうか?ネット上では「ある」とも「ない」とも色々な話がありますが、基本的には無職でキャッシングを利用するのは非常に難しいというのが常識です。

収入がないのでは貸し損に終わる可能性が高いということで、銀行からも消費者金融からもそっぽを向かれるのが普通なのです。

しかし無職はとにかくお金に困っていることが多いため、「無職でもお金を借りられる方法が知りたい」という声は少なくありません。

返せる見込みが薄い無職者のキャッシングは勧められませんが、無職であろうとどうしてもお金が必要になる事態というのは待ったなしで発生するものです。

急な冠婚葬祭、急病、予想外の出費、忘れていた以前の借金の返済などなど。そういうとき、どうしてもキャッシングしたいと思えてしまうものですよね。

そういうこともありますから、「無職じゃキャッシングは無理!」という結論で終わらせず、何とかキャッシングできる方法というのを考えてみましょう。

無職ではもちろん可能性は低いままですが、少しでも借りられるわずかな可能性があるとしたら、こういうケースであるという方向で考えてみます。

無職という状態でキャッシング審査にチャレンジするときは、ネットから申し込むというのはあまりオススメできないかもしれません。

直接金融機関の人と顔をあわせて話ができないネットの申し込みフォームは、特別な事情があるときにはちょっと不利になる可能性が高いのです。

無職でもどうしても借りたいのだという事情を説明するため、こういうときだけは店舗などに直接足を運び、相談させてもらった方がよいでしょう。

しかし、いくら特別な事情があるとはいえ、無職で借りられる可能性は低いと思っておいた方が間違いはありません。

ネットなどの申請フォームからやったときなどは速攻でお断りされることがほとんどでしょう。店舗に行けば話くらいは聞いてもらえるかもしれませんが、だからといって借りられるとは限らないのが無情なところです…。

もし「今現在、無職」という状態でも借りられる可能性があるとしたら、「就職が内定しているとき」というものでしょうか。

これでもかなりきわどいですしあまり安心はできないのですが、少なくとも「まだ仕事のアテもない」という状態よりはマシです。

こういう状態なら事情を詳しく説明することで多少は融通を利かせてもらえる可能性はあるでしょう。もちろん事情と金融機関の姿勢によりけりという非常にわずかな可能性ではありますが…。

無職でキャッシングは難しいというのは厳然たる事実として立ちはだかります…。わずかでもよいので可能性が欲しいというときは、とりあえず収入のアテくらいは作った上でチャレンジしてみてください。

そして、確実にキャッシングしたいというのであれば、アルバイトでもよいので仕事をすることです。ほんの少しでも安定的に入る収入があれば、キャッシングの利用はとても簡単なのですから。

このエントリーをはてなブックマークに追加