> お金を借りる > 「収入はあるが無職」でカードローンはアリ?意外な答えとは

「収入はあるが無職」でカードローンはアリ?意外な答えとは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.04.14

キャッシングをしたいのであれば、とにかく仕事をしていることが大前提と言われがちです。仕事をすることによって定期収入があるのであれば、キャッシングを利用しても将来的に返済してもらえるだろうと思ってもらえやすいのですね。

これが無職になると収入もないため、キャッシングの利用は無理だろうと即断されがち…。無職者とキャッシングの相性は最悪と言ってもよいくらいです。

ところで、「収入はあるが無職」という状態でもキャッシングは利用できないのでしょうか。少し考えにくい状況ではありますが、たとえば株の配当などによって生活に支障はない程度の収入はある、といった例を考えてみましょう。

キャッシングとは相性の悪い無職という状態でありながら、それなりの収入を得ている。矛盾しているようにも思える状況ですが、このようなケースとキャッシングの相性を少し考えてみます。

カードローンなら可能性あり!?

収入があるとはいえ、無職という状態で高額ローンを組むのはやはり難しいかもしれません。収入はあったとしても、無職という状態でどこまで将来的な経済力を信用してもらえるかはわからないからです。

しかし、カードローン程度のキャッシングなら利用できる可能性はあるかもしれません。少額キャッシングという選択肢もありえるこれらのプランなら、審査のハードルは低めです。

審査で重要になるのはつまり「返済力」ですから、多少なりとも収入があれば審査の対象としてもらえるかもしれません。

ただし、収入はあるけど無職という状態なので、申請するときにきちんと自分の状況を説明する必要があるでしょう。

無職だけど収入があるという向きで簡単に申請しただけではただのイタズラと判断される危険性もあります。そのあたりのことをうまくやれれば、カードローンくらいなら可能性があるかもしれません。

金融機関の方針にもよる

ただし、そういった柔軟な対応はしてもらえない可能性ももちろんあるでしょう。収入の有無に関わらず、無職者への融資はしないという方針で決まっている金融機関などももちろんあるでしょう。

そういう金融機関では、いかに収入のある状態でも、無職者ではキャッシングできない可能性が低くありません。

そういうときは柔軟に対応してくれる別の金融機関を利用するか、自分を無職ではなく「自営業」などとして申請してみるか、それとも肩書だけでも手に入れるために何かアルバイトを始めてみるか、いろいろと考えられることはあると思います。

あくまで無職という肩書のままキャッシングしたいのであれば、金融機関を変えるのが一番簡単かもしれませんね。

何らかの証明書があるとベター

収入さえあれば、カードローン程度の利用はできる可能性はあると述べましたが、仮に可能性が出てきたとしても「収入の証明」はきっちりしなくてはならないことが多いと思います。

これまでにも述べてきましたが「収入はあるけど無職」というのはなかなか考えにくいレアケースですからね(笑)。

収入さえあれば今の立場は無職でも構わないという金融機関でも、今無職であるだけに「本当に収入があるのか?」という点はかなり詳細に調べられると思います。

そのために、収入証明書や納税証明書など、自身の収入を証明するなんらかの書類を用意しておくとよいかもしれません。

最悪の場合、自分の預金通帳などでも何らかの証明にはなるかもしれませんから、無職でも収入があるということを証明する何らかの手段を用意しておきましょう。それがうまくいけば、カードローン程度なら利用できるかもしれません。

このエントリーをはてなブックマークに追加