> お金を借りる > 「仕事がなくてもお金が借りられる所」より大事なのはこの事実

「仕事がなくてもお金が借りられる所」より大事なのはこの事実

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.24

仕事がなくて困っているとき、欲しいのはまず仕事だと思います。仕事がないとお金がなくなって困りますよね…。しかしもっと本音を言うと、「まずはお金が欲しい…」と言う人もおられるかもしれません。

仕事を好きでしていないのでなく、ずっと失業中で困っているという人はお金も無くしてしまっているもの。お金がないと生活にも困りますよね。

仕事探しは継続しつつも、とりあえず当面の生活のためにキャッシングを利用したいと思えることもあるのではないでしょうか?

キャッシングを利用するためにはそれを提供している業者等に申し込みをすることが必要ですが、仕事がなくてもお金が借りられる所ってどこにあるんでしょうか?

そもそも仕事なしで借りられるのか?

キャッシングサービスの条件を調べてみると、無職者は不可という条件を掲げている金融機関や消費者金融などが多いことに気づくと思います。

仕事がなくてもお金が借りられる所を探している人にとって、これはだんだん不安が募ってくるところだと思うのですが、どうなのでしょうか?

確かに仕事をしていない人というのがキャッシングに向いているとは言い難いのは間違いありません。ですがこれだけたくさんの金融機関や消費者金融などがある時代です。一箇所くらい仕事なしでもキャッシングできる場所があってもいいように思いますよね。

そう思って仕事なしでもキャッシングできる場所を探し続けても、その思いは裏切られることになるかもしれません…。

そう、仕事なしでキャッシングできる可能性と言うのはほぼゼロと言っていいからです。収入がない人に対してお金を融資する金融機関はほぼないと言って過言ではないのです。

どんなに簡単なものでもいいので仕事が必要!

キャッシングを利用したいと思うなら、まずは仕事を得ましょう。それがないことにはキャッシング関連の話は始まりません。仕事をして収入を得ることにより、初めてキャッシングが出来る余地が生まれていくのです。

逆に、仕事さえしていればキャッシングが出来る余地はいくらでもあります。

高額ローンを利用したいときにはいろいろと面倒な規制もあると思うのですが、利用したいサービスがキャッシングである場合、それほどうるさい条件は必要ありません。もちろん「仕事をしていること」は絶対必要になる数少ない条件ですけどね(笑)。

仕事の内容についてはそれほどうるさいことは言われないのです。どこかで勤め人をやっていれば恐らくキャッシングの利用には問題ないでしょう。キャッシングはいとも簡単に利用できてしまうものです。

 

就職が難しいときに使える裏技

もしどこにも就職することができず、どうしても無職状態から抜け出せないというときはどうしたらいいのでしょう。そんなときはある裏技を使ってみてはいかがでしょう…?

キャッシングは勤め人でなければ使えないサービスではありません。とにかく何らかの仕事をしていればよいのです。ということは、自営業でも構わないということですね。

仕事と言われると勤め人をイメージされる人が多いようですが、仕事というのは就職することでしかできないのもではありません。

実際、日本には非常にたくさんの零細自営業者がおられます。就職が難しいのであれば、こういう零細自営業者になってみてはどうでしょうか?

ほんの少しでも収入を得られる仕事ができているのなら、無職者よりは段違いの印象です。キャッシングで求められるのはとにかく収入を得られる「仕事」だということを忘れずにチャレンジしてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加