> お金を借りる > ローンの審査通らない人は知っておくべき一般的原因

ローンの審査通らない人は知っておくべき一般的原因

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.10

ローンの審査を受けてみて落ちてしまったとしたら、大変悩ましいですね。こちらがローンを利用すればあちらにも利益があるのです。

そんなローンで利用を断られるなんて、何か原因があるとしか思えません。ローン審査通らない人の原因とは何でしょうか?一般的なものを考えてみましょう。

基本的な条件はこれだ!

ローン審査を受ける上で基本的となる条件はいくつかあります。仕事をしているか、収入はあるか、他に借金はないかといったことです。

これらの条件を見てみれば、ローン審査が何のためにされていて、どういう人を望んでいるのかがおぼろげながら見えてきます。

ローン審査というのは、お金を貸した後でそれを回収できるかどうかの見込みを調べているのです。ローンというのは慈善事業ではありませんからね。

お金に困っている人なら誰にでもお金をばらまいているのではなく、ちゃんと利子をつけて返せる人にだけ貸すようにされています。

自分の大事なお金を貸してもよいかどうか、言葉は悪いですが値踏みされているのがローン審査なのです。受かる条件とは、突き詰めれば「お金を返せる人」ということになります。

将来的なことは誰にもわかりませんから、厳密に言えば「お金を返せる可能性が高そうな人」ということになるでしょう。

ではどういう人がお金を返せる可能性が高いと言えるのか。それが先の述べたいくつかのチェックポイントです。仕事をしているか、収入はあるか、他に借金はないかといったこと。仕事をしていて収入もあり、他に借金もないのであれば、返せる見込みは高いですよね。

審査のハードルが低いローンも知っておこう

ローン審査を通過するためにどういう状態であればいいか、絶対の正解はありません。審査基準自体が絶対のものではありませんから、「収入がいくら以上あればセーフ」といったようなことは安易に言えません。

言えませんが、先に言った基本的条件をだいたいクリアしているのであれば、ある程度は望みがあるものです。ちゃんと定職を持っていて毎月収入があって、借金も他にないのならローン審査での評価はそこまで悪くないハズです。

それでも審査に落ちたのなら、ローン審査の基準が厳しすぎるという可能性が考えられます。そのときは審査の難易度を落としましょう。

オススメなのはキャッシングやカードローンといったものです。これらのものなら審査も簡単になるため、基本的条件さえ押さえておけば受かる可能性が高いのです。

基本的条件以外のチェックポイントとは

基本的には仕事や収入、借金の有無が調べられるわけですが、それ以外の部分でローン審査に影響する条件はあるでしょうか。

他のポイントとして、例えば今住んでいる場所は賃貸か持家か、結婚はしているかどうかといったことが調べられることもあります。極めて個人情報の色が強い部分ですが、なぜこのようなものが調べられるのでしょうか?

それはこの部分によっても「お金を返せる見込み」は探れるからです。絶対ではありませんが、独身者よりは既婚者の方が腰を据えて生活している傾向がありますね。賃貸暮らしより持家に住んでいる人の方がやはり根をおろしている感があります。

いつ何時どこに行くか分からない人より、根をおろして生活している人の方が借金返済に有利という傾向はあります。そういう部分もローン審査では見られることが多いのです。

もしローン審査に通らないのであれば、こういう部分も考えてみてよいかもしれません。そこまでするのが面倒というのなら、やはりキャッシングといった簡易ローンの利用をされることを勧めます。

このエントリーをはてなブックマークに追加