> お金を借りる > お金にならないパートも可能!キャッシング審査における実情とは

お金にならないパートも可能!キャッシング審査における実情とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.30

近年、以前ほどかっちりとした仕事をみんなができるわけではなくなってきましたね。パートやアルバイトで生活せざるを得ない人たちも増えてきており、中にはあまりお金にならないパートで生活している人もおられます。

そんな時代ですから、お金の悩みも発生しがちです。


お金のかからないライフスタイルなども提唱されている時代であり、一昔前よりは低年収でも生活しやすい状況にはなってきています。ですが、それでも長い人生を歩んでいるとお金がかかるものです。

たとえば、人生の節目のイベントにはどうしてもお金がかかるものですよね。大事な友人が結婚し、式に呼ばれたとあっては「お金がないから」なんて理由で式を欠席したりお祝いをケチったりするのはさすがに気が引けます。

他にも付き合いでどうしても行かなくてはならない席はいくらでもありますよね。

そういう席が仮になかったとしても、生活していく上で基本的に必要になるお金というのはあります。家具家電などは最低限必要なことが多いです。

どれだけ貧乏でも冷蔵庫すら持っていない家というのはあまり見られません。生活の基本である家電にも寿命がありますから、急に家電が壊れたとき、買い替えるためにはやはりお金が必要。

こういうとき、収入の少ないパート勤めでは手持ちが足りなくなることも多々あり、困ることもありますよね。

お金にならないパートでもキャッシングは使える?

一時的に必要になる様々なお金。そういうお金を自分の手持ちから用意できなくて困っているのならキャッシングが便利。そう言われます。確かにその通りであり、一時的お金に困る多くの社会人から利用されています。

しかし、問題なのは審査です。ローンを使うには審査を通過することが絶対に必要。

そして審査を通過するにはそれなりに収入があることを示さなくてはなりませんが、パート勤めでしかもお金にならないものをやっている人にとっては大変不安になるところでしょう。

そんな仕事であっても審査を通過し、キャッシングすることはできるのでしょうか?

実は十分に可能です。お金にならないパートであっても、毎日ちゃんと働いている人ならキャッシングが使える可能性はあります。こんな仕事ではキャッシングできるわけがないと諦めたりせず、必要ならキャッシングの利用を考えたいところです。

「収入ゼロじゃない」というのが重要

お金にならないパートでもキャッシングできるというのは意外で信じられないことかもしれませんが事実です。重要なのは「収入がゼロではない」という点。いくらお金にならないとはいえ、毎日ちゃんと働いていて収入もある人ならそれなりに信用はされるのです。

また、「お金にならない仕事」というのも考えて直してみてはどうでしょう?

それは実に感覚的な表現であって、実際にはその仕事で自分が生活できる程度の稼ぎを得られているなら、そんなに「お金にならない」といえるような仕事ではありません。それも立派な「仕事」ですよ。

最低限の収入があり、それで生計をたてられており、その上それなりに勤務歴も長いとくれば、キャッシング審査は十分に通過できる可能性があります。必要ならば考えてみてもよいのではないでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加