> お金を借りる > 誰でも借りられるけど複数になると…?キャッシングの相場を紹介

誰でも借りられるけど複数になると…?キャッシングの相場を紹介

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.05.11

「お金を借りたいけど、私でも借りられる?」というのは、キャッシングに関する質問で非常によく寄せられるものです。

キャッシングというのは比較的少額からでも借りられる最近主流のローンのことですね。簡単に利用できるような仕組みになっているだけに、利用したいと思う人も多いのでしょう。

問題は審査です。キャッシングは気軽に使えるようにこそなっていますが、借金であることに変わりはなく、利用には審査を通過しなくてはなりません。

気軽に使えるとよく言われるキャッシングですが、この審査は誰でも通過できるようなものかどうか、不安になる人は多くおられます。

この点についてお答えすると、さすがに誰でも借りられる、審査なんて申請さえすれば誰でも通るというようなことは言えませんが、最低限の条件さえ押さえれば比較的誰でも通りやすい審査であるのは確かです。

必要な条件は最低限の年収と勤続実績。この二つだけだと思っておいて構いません。つまり今最低限でも続けている仕事があるのなら、あとは他に借金があるなどといったマイナス分がない限り、だいたいは利用することができるのです。

このような状況にあるため、キャッシングについては「誰でも借りられる」などと言われることがあります。厳密には正しい言い方ではありませんが、普通の勤め人にとっての体感をよく表している言葉だとは言えます。

もし今お金を借りたい、キャッシングがしたいと思っているのであれば、キャッシングを使ってみてはどうでしょうか?絶対に借りられるという保証はできませんが、かなりの確率で借りられることでしょう。

ただし、それは「キャッシングサービスを一つ利用するとき」の話です。

キャッシングを利用するときはほとんど「誰でも使える」というような状況であるため、複数のキャッシングサービスでも余裕で使えてしまうのではないかと思えてしまいますが、利用するキャッシングが複数のものになると話も変わってきます。

先にも少し触れましたが、キャッシング審査が簡単なのは「他に借金をしている」というようなマイナス分がない限りにおいてです。

すでに借りているお金があったり、使っているキャッシングサービスがあったり、そういうマイナス分が出てくると、キャッシング審査を通過するのは少し難しくなっていきます。

もともとのハードルが低い分、一つのキャッシングなら問題なく使える人も多いとは思いますが、これが複数のものになると必ずしも誰でも利用できるとは限らなくなってきます。

パート・アルバイトという立場でも使えるキャッシングですが、それくらいの立場で使えるキャッシングの数は一個か、条件次第で二個程度が平均くらいになるでしょう。

ただし、一個でも使えればあとは限度額の調整などによっても使えますから十分であるとも言えます。複数のキャッシングを使えないからといってそんなに問題はないのですね。

いくつもキャッシングを使うことを考えるよりは、一つのキャッシングを上手に使いこなすことを勧めます。

このエントリーをはてなブックマークに追加