> お金を借りる > 金欠なのに貸してもらえない!それが心配なら確認すべき実情!

金欠なのに貸してもらえない!それが心配なら確認すべき実情!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.05

金欠という困った事態において役に立つのがキャッシング系のサービスですが、もし貸してもらえないとしたら…?ということが不安になる人もおられると思います。

金欠のときこそこれだと思って利用しようとしたら審査に落とされた…。考えたくもないことですが、現実としてありそうな話です。

金欠という極限状態で貸してもらえないという困った状況にならないか、不安で仕方ない人はキャッシングの実情を確認してみましょう!

金欠でも借りられる可能性は十分にあり!

金欠という状態を不安視されて審査に落とされるのではないかと心配になる人は安心してください。金欠だからといって無条件で審査に落とされるようなことはありません。

金欠なときに限って落とされる、なんてことはちょっとサービスの意義からして矛盾していますよね。金欠だからこそキャッシング系サービスを使いたいと思っている人が多いはずです。

そこを「今アナタが金欠に陥っているのが不安だから」といって拒んでいては貸金業など成り立ちませんね。金欠でないけどお金を借りたいという人は少ないでしょうから。

今、かなりの金欠に陥っていたとしても大丈夫です!金欠でもお金を借りられる可能性は十分にあります!金欠だからこそ使いたいという気持ちに応えてもらえる仕組みになっていますから安心してご利用ください!

審査に落ちる理由を確認しよう

金欠状態でキャッシング審査を受けたら落ちるのではないかと不安になる人は、キャッシング審査の仕組みについてちょっと確認してみましょう。

仕組みを知らないから不安になるという面は大きいですよ!仕組みを知れば、今金欠に陥っている人でも借りられる理由がよくわかります。

キャッシングというのは自分の将来のお金を金融機関に用立ててもらうようなサービスだとイメージしてみてください。将来自分が手にするお金を先に渡してもらっているようなイメージです。給料の前借りのようなものですね。

そうやってお金を用意してもらった対価として、お金を返す時には利子という形で少し多めにお金を返すのです。この利子が「お金を用意して貸す」という金融機関のサービスに対する料金となるのです。

形としてはこのようなものになっているため、審査で重視されるのは「将来的にお金が入る人かどうか」という点です。

将来的にお金が入りそうな人であれば、どれだけ今お金に困っていても問題はありませんね。将来ちゃんと貸したお金と利子を返してもらえれば、金融機関として文句はないわけです。

というわけで、「自分は将来的にお金を返せる」という見込みを強く示せる人なら、いくら今金欠に陥っていてもキャッシングを利用することができるのです。

金欠なのにお金を借りられないケース

仕組みがわかれば金欠でもキャッシングは使えるということがわかりますね。では金欠状態にありながらキャッシングできないという悲惨な状況になるのはどういう人なのでしょう?

これは先の審査に受かる条件の逆を考えてみればよいわけです。将来的にお金を返せるという見込みを示せる人なら今金欠でも審査に受かるのでしたね。その逆といえば、「今お金がないし、将来的にもなさそうな人」ということです。

具体例を挙げてみればわかりやすいですね。たとえば今無職の人をイメージしてみてください。働いていなくて金欠になっている人がいたとしたらどうでしょう?

来月までには仕事を見つけてお金が入るようになっているだろうから、今お金を貸しても大丈夫だろうと思えるでしょうか?思えませんね。

こういう人は今どれだけ金欠で困っていようとキャッシングが提供されることはないのです。非情なようですが、将来お金を返せる人だけが使えるサービス。それがキャッシングなのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加