> お金を借りる > 金欠生活をしている無職でも考えたいキャッシングという可能性

金欠生活をしている無職でも考えたいキャッシングという可能性

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.12

無職と金欠生活はほとんどイコールのようなものかもしれません。収入が途絶えている無職者が金欠に陥るのはほとんど必然ですよね。

生活費にも困るようになったら何とかお金を得ようと思うと思いますが、そんなときキャッシングというのはどうなのでしょうか?

無職とキャッシング、最悪の相性

無職でキャッシングを使う方法というのはほとんど聞いたことがないのではないでしょうか?キャッシングを利用しようと思っても、申請フォームには職業記入欄があり、その中に「無職」という選択肢が用意されていません。これはつまり…?

そう、無職ではキャッシングは使えないのですね。借入条件を確認してみると「無職者は不可」とハッキリ書いてあることも珍しくありません。

たとえそうとまでハッキリ書いていなかったとしても、無職でキャッシングが使える例はほとんどありませんのでご注意ください。

キャッシングを利用する際に必要なのは「お金を返せる」という信用力です。収入が途絶えている無職者ではそれが難しいのですね。

無職じゃなかったらキャッシングは容易!

無職だとかなり厳しい話が続くキャッシングですが、無職じゃなかったとしたらどうなのでしょう?

無職でなかったとすると、キャッシングを利用するのはかなり容易です。アルバイトやパートといった立場でも使えることが多いですから、派遣社員や契約社員でも十分OK。そして正社員や公務員という立場ならまず大丈夫といったところでしょうか。

キャッシングを利用するとき、こういう職業はNGというものもほとんどありません。自営業者でももちろんOK。必要なのはそれで生計を立てられており、一定期間以上にわたってそれで収入を得ているという実績です。

そういう部分さえきちんとできているのなら、キャッシングを使える可能性は高いでしょう。無職で借りようとするから難しいという話になるのですね。

勤続実績も見られるため、今日から始めたバイトだけでキャッシングするのも難しいのです。いざというときにキャッシングできるためにも、ある程度のアルバイトは早めに始めておくことを勧めます。

完全無職の人は、とりあえず今日からでもアルバイトを始めましょう。そうすればいずれ借りられる可能性も出てきます。

本当に無職だろうか…?

無職ではキャッシングできないので、無職の人は無職でなくなることから始めないといけません。ですが、少し確認してみましょう。「自分は今本当に無職なのか?」ということを。

キャッシングは簡単に利用でき、どんな職業でも基本的にはOKということを思い出してください。何らかの仕事をやっていて、それである程度の収入を得られていればOKなのです。必ずしもどこかの企業に毎日勤めているという形で働いていなくても構わないのです。

自分は今無職だと思っていても、完全無職ではなく、実はたまに単発アルバイトをやっているとか、本当にわずかだけどちょっとした自営業をやっているとか、そういうものはないでしょうか?

ほとんど無職のようなものだけど、完全に無職ではないというのなら、少しはやっているその仕事でキャッシングが使える可能性がないか、考えてみても損はありません。

無職でキャッシングが利用できる可能性はほとんどゼロですが、単発アルバイター、零細自営業者なら可能性はまだあります。

審査が厳しいのは変わりませんが、少なくとも完全無職よりは見栄えがよくなりますから、そういう形でキャッシングできないかどうかは考えてみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加