> お金を借りる > 年収の3分の1以上家族に内緒で借りる人は少ないワケ

年収の3分の1以上家族に内緒で借りる人は少ないワケ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.05.13

キャッシング利用者にとってはおなじみの「総量規制」。何のことかわかりますか?

これはキャッシングなどで借りられるお金の額はその人の年収の三分の一の額までと定める規定のこと。法律ですからまともな金融機関であれば皆この基準に沿ってキャッシングサービスを提供しています。

普通にキャッシングを利用する場合においては、この総量規制額が利用限度額となってしまうことがほとんどなのですね。

もしこの規制額以上に借りたいときはどうすればよいのでしょうか?そう、一応この規制額以上に借りることもできなくはないのです。

総量規制というのは銀行を対象外とする規制ですので、普通に銀行で借りれば年収の三分の一までという規制からは自由にお金を借りることができます。年収額の縛りとは関係なくお金を借りたい人にとっては覚えておくべきポイントです。

では銀行を使えば、「年収の3分の1以上家族に内緒で借りる」ということも可能なのでしょうか?

家族に内緒でこっそりキャッシングを利用するというのはわりとよくある話(笑)。キャッシングはネットなどからも申し込め、比較的利用が簡単ですから、家族に内緒でこっそり利用するのは案外難しくないのです。

であるなら、総量規制の対象外である銀行のキャッシングをコッソリ使えば、年収の三分の一以上の額を家族に内緒でこっそり借りるということもできることになりますよね。

たくさんお金を借りたいけど、家族には内緒にしておきたい…という人にとってはかなり気になる問題ではないでしょうか?

一応、理屈の上ではそうなります。銀行のキャッシングを家族にばれずにコッソリ利用できたとすると、年収の三分の一以上の額をこっそり借りられる可能性は出てくるのです。が、それを実際にやる人は少数派です。やる人というより「できる人」と言った方がよいかもしれませんね。

キャッシングが家族に内緒で使える理由の一つというのは、少額キャッシングの利用も多いからです。数万円、多くても十数万円程度のキャッシングであれば、コッソリ借りたとしてもそれほどリスクはありません。

額が少額なだけに返済も簡単です。家族にばれずに密かに返しきることもそれほど難しくはないでしょう。万が一滞納などをやり家族にばれたとしても、額が少額なら家族の助けを借りて一括返済することも可能でしょう。

しかし額が大きくなれば返済の手間も増えていきます。年収の三分の一を超える額というのは体感的にかなりの額です。利子の発生額も増えますし、額が大きいのですから返済もなかなか終わりません。

その間に収入が減ったり失業したりすれば更なる大ピンチ。自分一人ではお金を返しきれなくなる可能性の方が高くなります。

家族に助けを求めたとしても、額が大きくなると家族の助けで返済するというのも難しくなります。内緒でそれほどの借金をこしらえたことを咎められ、協力を得られない危険すらもあります。

このように、家族に内緒でする借金にはリスクがあるのです。額が少額ならそのリスクはまだ小さく、万が一のときにも何とかなる可能性があるのですが、年収の三分の一以上に借りてしまうとそのリスクの大きさは計り知れません。

こっそり借りるなら少額キャッシングだけに留めておき、もし年収の三分の一以上に借りたいのなら家族の同意を得ておくことを強く勧めます。

このエントリーをはてなブックマークに追加