> お金を借りる > キャッシング先は中小企業を考えている人に聞いてほしい借入相場

キャッシング先は中小企業を考えている人に聞いてほしい借入相場

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.16

キャッシングはどこでやるのがいいでしょうか。これを考えたとき、真っ先に候補に挙がるのは大手だと思います。

しかし、中小企業クラスの貸金業者も目立たないだけでたくさんあるのはご存じの人も多いでしょう。ネットではヒットしないけど、近所に小さな貸金業者があるというケースもあると思います。

公にはあまり語られる機会がありませんが、この手の中小業者で借りるというのは賢い選択と言えるのでしょうか?それを少しでも考えている人はぜひ確認してみてください。

決してナシではない中小貸金業者!

中小の貸金業者を考える際、一番実感するのは「情報の少なさ」かもしれません。中小で借りることを勧める話はあまり聞かれませんし、中小の貸金業者自体がやっているサイトなどもあまり見かけないのが現実です。

情報社会である現代にあってこれは少し不安になる状況ですが、中小業者で借りるのも一応ナシではありません。ちゃんとした業者だという条件付きではありますが、ちゃんと営業している貸金業者であれば規模の大小に関わらずお金を借りるときには便利ですね。

情報の少なさがネックであり、近所にそういう業者の店舗なり事務所があるという状況でないと利用するのは少し難しいかと思いますが、そういう場所があるのなら利用を考えるのもよいでしょう。

ただし、中小の業者を使うときはまともな業者かどうかというのは大手利用時以上に気をつけたい点です。中小の業者は目立たないことを逆手にとって違法行為に手を染めている場所もあります。

そうとは知らずにうっかり利用してしまうとトラブルに巻き込まれることもありますから注意してください。

大手の方が簡単かつ安全?

中小の業者を使う場合、ちゃんとした業者のアテがある限りはアリだということになるでしょうか。条件付きではありますが、中小で借りるのもナシではないという感じです。

しかし、この条件を見て面倒だな…と感じた人も多いのではないかと思います。まともに営業している中小の貸金業者に心当たりがある人からして少数派でしょう。

中小の貸金業者というのは本当に目立たないケースが多いですからね。インターネットで検索してヒットするならまだしも、自社のサイトすらまともに完備していないこれらの業者を一から探すのは面倒なことこの上ありません。

それに比べて大手の貸金業者ならネットでいくらでもヒットします。他サイトのバナー広告に最初から表示されていることすらありますので、必ずしも心当たりがないと辿りつけないということもありません。ネットを普通に閲覧していればどこかで辿りつけることが多いのです。

大手であれば違法業者であることにそこまで神経をとがらせる必要はありません。借入希望者にはありがたい条件ですよね。

さらに、大手の場合はネットからそのまま申し込めるケースが多いのです。申し込みフォームなどから情報を送信するだけで申し込みが完了するというのは現代人にとって捨てがたい利点ですよね。

自社サイトも持たず、当然そういう受付口も持っていない中小業者に比べると、どうしても大手の利用の方が優先になることが多いと思います。

借入するときはまず大手から考えよう

知名度だけでサービスを選ぶことに抵抗がある人もおられるかもしれませんが、知名度以外の部分を見ても大手が優れていることがわかったのではないでしょうか。

結果的に見て、知名度が高い業者の方が便利かつ安全なのです。知名度が高い大手業者から利用を考えた方が自然ですから気をつけてください。

ただし、中小業者もちゃんと営業している場所もあるのは事実ですから、大手を利用できなかったときに次に利用する場所として覚えておくのはアリです。上手に活用してください。

このエントリーをはてなブックマークに追加
タグ