> お金を借りる > キャッシング時の素朴な疑問!消費者金融と貸金業者の違いとは

キャッシング時の素朴な疑問!消費者金融と貸金業者の違いとは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.23

キャッシングをするとき、「消費者金融で借りるか?」というようなことを言われますね。普段キャッシングを利用しない人でも大手の消費者金融に限れば名前くらいは知っているという人が多数おられます。それくらい社会の中でメジャーな存在なのですね。

ところで、お金を貸す業者のことを「貸金業者」などと言うこともあると思います。こちらは読んで字のごとしで「お金を貸す業者」のことだと察せられますが、「消費者金融」とは何が違うのでしょうか?

消費者金融の方は「消費者のための金融」ということで、わかるようなわからないような…という感じです。消費者金融と貸金業者の違いについて整理してみます。

消費者金融とは何なのか?

消費者金融とは何か?答えを言ってしまうと、これは「貸金業をやっている業者の通称」のようなものだと思ってください。貸金業を主たるビジネスにしている民間業者です。つまり消費者金融というのは貸金業者の一つなわけですね。

といっても、消費者金融と貸金業者はほとんどイコールのような関係です。厳密には消費者金融とは貸金業者の一つということになりますが、貸金業者とはほとんど消費者金融で占められていると思っておいて間違いはないでしょう。

誰でも知っている大手のメジャーな消費者金融を筆頭に、あとは地方にしかないような中小の消費者金融が後に続きます。

知名度が高いのはトップの大手消費者金融だけですが、全国には非常にたくさんの消費者金融が存在します。それぞれの消費者金融の方針に従い、利用者にお金を貸す商売をやっています。

消費者金融とはこのような業者のことだと思っておいてください。

貸金業者とは何なのか?

先程「貸金業者とはほとんど消費者金融とイコール」と述べましたが、まずはそういう状況があります。貸金業者とはほとんど消費者金融を指すと思っておいてください。

もちろん広義な意味で貸金業者のことを捉えてみると、銀行を含めることもできるかもしれません。銀行も貸付を行っている組織ですから、貸金業者の一つだと言えなくはありませんね。その場合は銀行と消費者金融の二つが貸金業者のメインになると言えることになります。

ですが、銀行は「銀行」として扱われ、貸金業者というよりは「金融機関」と言われる傾向があります。もちろん貸金業者の一つだと認識しておいても構いませんが、あえて貸金業者と言われるときにはやはり消費者金融を指す傾向が強いでしょう。

ちなみに、消費者金融を除いて貸金業者と言われることがある組織というとどういうものがあるのでしょうか?これはたとえばサラ金や街金などです。

消費者金融ほどメジャーな存在ではないかもしれませんが、貸金業を営んでいる以上は貸金業者の一つとしてカウントできるのです。

それぞれの間で違いはあるのか?

貸金業者とはほとんど消費者金融のことを指すわけですから、違いを見出すことは少し難しいのですが、銀行と貸金業者の間には差があることが少なくありません。

だいたいは銀行の方が金利が低く、業者側の方が高いという傾向はあります。その代わり、審査の厳しさで言えば業者の方が易しく、銀行の方が厳しいという傾向もあります。

貸金業者の中で言えば、大手の消費者金融の方が条件がよく、中小のものになるほど条件が悪くなっていく傾向があります。組織の大きさが同じくらいだと、多少は違いがあるでしょうがそれほど明確な差はないでしょう。

このような違いがあります。消費者金融と貸金業者というのは同じものを違う言い方で言っているようなところもありますから、あまり深く悩みすぎないことを勧めます。

このエントリーをはてなブックマークに追加