> お金を借りる > 借金するならまず銀行!絶対に知りたい貸付条件の特徴!

借金するならまず銀行!絶対に知りたい貸付条件の特徴!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.04.10

「ヤバイ!お金がない!」となったとき、頼れるのが貸金業者ですね。お金は自分で稼ぐだけでなく借りることだって可能です。

もちろん借りたお金は返さなくてはなりませんが、返せるだけの収入が恒常的に回っている人なら問題ないでしょう。

やりくりミスによって付き合いや日常生活に穴をあけるよりは、一瞬だけ借りて穴を埋め、後でお金を返せば問題ないでしょう。こういうテクニックも社会人としては知っておきたいところです。

ところで、貸金業者はたくさんありますけど、一体どこで借りるのがよいのでしょう?

銀行は条件がいい

大手の消費者金融なども非常に人気のある貸金業者ですが、一時的な借金に慣れている人からよく支持されるのは「銀行」です。

銀行がなぜ人気なのでしょう?やはり金融関係の中枢を担う組織だから?古くからお金に関する仕事を行なってきたプロフェッショナルだから?そういった理由で人気なのでしょうか?

もちろんそういうブランド力によって支持されているところもないわけではないでしょうが、それがすべてではありません。そんなに難しく考えることではなく、単純に銀行の貸付は条件がいいことが多いのです。

たとえば貸付限度額が高かったり、金利がとても良心的だったり。お金を一時的に借りたいと思っている人にとって単純に嬉しいと思える条件になっていることが多いため、自然に支持されやすいのです。

審査が厳しいって本当?

しかしそれなら「消費者金融で借りる人なんていなくなるんじゃないの?」と思えますよね?でも実際には消費者金融で借りる人はたくさんおられます。その人達は銀行のことをもしや知らない人たちなのでしょうか?

いえ、そうとも限りません。銀行の貸付がお得というのは比較的有名な話ですし、仮に知らなかったとしてもHPなどで貸付条件を比較してみれば、違いはもう一目瞭然。銀行の方が条件がいいのはすぐにわかります。

それでも銀行を使わない人達が出てくるのは「審査が厳しいから」だと言われています。実際銀行の審査というは消費者金融よりも少し厳しい傾向はあるかもしれません。貸付条件がいいだけに、多少ハードルは上がってしまうのですね。

ただし、銀行の審査がとても厳しかったのはもう過去の話。今は以前よりはハードルが下がっています。銀行のカードローンに限れば、消費者金融なみに審査は簡単になる傾向があるのです。

これにより、これまでなら絶対に銀行で借りれなかった人達も、一部銀行で借りられるようになってきています。

必ずではありませんが、銀行の貸付も、カードローンに限ってはやってみないと損かもしれませんよ?

信用力が高いならなおお得!

銀行のカードローンだけでもかなりお得に利用することができますので、最低でも銀行のカードローンなら使える人は銀行で借りた方がよいかもしれません。

そしてプラスαとして知っておきたいのは、銀行にはカードローン以上に便利に使える融資も揃っているということ。

そういうものになると審査は格段に厳しくなりますから、高い信用力がないと使えません。また、融資の利用方法も多少変わってきますので、カードローンより便利かどうかはわかりません。

しかし、利用しようと思うなら、カードローン以上によい条件で使える可能性はあります。信用力が高い人にとってはお得ですよね。そういう意味でも、やはり銀行はオススメです。銀行を選べるのなら是非選びたいですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加