> お金を借りる > 借入が難しいのはこんなとき!注意したい状況をご紹介!

借入が難しいのはこんなとき!注意したい状況をご紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.04.13

今、まさにお金に困っているとしたら。とりあえずでいいので、目先に必要なお金を揃えたいと思っていたら、どうしますか?そんなときに使うと便利なのが借入です。

借金になりますが、派手に語られることの多い破産者のイメージとは違い、少額キャッシング程度なら利用者も少なくありません。

しかし、少額とはいえ見知らぬ相手からお金を借りるのです。自分でもすぐに使えるのか、不安になる方も少なくありません。

借入は誰でも使えると言われるけど…?

正直にいって、借入とは難しいものなのでしょうか?

自分が見知らぬ第三者からお金を借りようと思えば、それはかなり難しいこととイメージされるかもしれません。

たった一万円だけだったとしても面識のない相手に頼んで貸してもらうのはけっこう厳しいミッションですよね(笑)?

となると、借入だって難しいのではないかと思われますが、実はそうでもありません。なぜなら、「借入」が利用できるのは「貸金業者」であり、最初からお金を貸すこと自体を商売にしている人達だからです。

彼らはそれで利益を上げている人達ですので、審査さえ通過でき、身元証明ができる人ならばちゃんとお金を貸してくれます。少額キャッシングに限ればなおさら簡単に借りられるでしょう。

ゆえに、借入についてはわりと「誰でも使える」と言われることが多いのです。

見知らぬ相手から借りるということの意味を考えるとちょっと信じられない気持ちになるかもしれませんが、気軽に使えるようになっているサービスなのだと機械的に理解しておいてもよいかもしれません。

借入が難しいのはこんなとき

ただし、借入が簡単に使えるのは審査を通過できる人に限ってです。審査を通過できないと、借入をするのは格段に難しくなってしまいます。

では借入が難しくなるようなのはどんなときなのでしょうか?たとえば、無職の人などです。今無職であり、仕事が無いという状態だと収入もないわけですよね?

収入がない人間がキャッシングを使うのは非常にハードルが高くなりがちです。

いかに簡単に使えるようになっている最近のキャッシング条件に照らしても、無職の人が借入できる余地はあまり見出せないかもしれません。

他にも現在多額の借金を背負っている人は借入が難しくなります。そういう人に貸すと返ってこなくなる可能性が高いからですね。

また、派手な滞納歴などがある人も敬遠されがちです。お金を約束通りに返せなかったという前科がある人は信用してもらうのが難しく、やはり借入が難しくなるのです。

借入できるかはこれを確認

具体的に「借入が難しくなる時」という例を挙げましたが、これらには共通することがあります。これを確認すれば、要は何を押さえれば借入を利用しやすくなるのかがわかるでしょう。

まずは「収入があること」です。収入がなくては、お金を貸した後、いつまで経っても返ってくることはないと判断するのが常識ですよね?そういう状態ではお金を借りられません。

次によくあるのが「信用できること」です。過去に滞納歴があったり、身元の証明があやふやだったりすると、一人の人間としてイマイチ信用できず、お金を貸すことなどとてもできないということになるでしょう。

現在定期的収入があり、最低限の信用を得られる条件が揃っていれば、借入はだいたい「誰でも使える」サービスとなります。自分が使えそうかどうか、自分でもチェックしてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加