> お金を借りる > 借り換えするならまず考えたい銀行系カードローン!

借り換えするならまず考えたい銀行系カードローン!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.11

今作っている借金よりもっといい条件で借りれたらというのを思ったことはありませんか?借りれるだけでありがたいものではありますが、もっといい条件で借りれたらというのは誰もが思う事でしょう。

今の借入条件に不満があるときは、借り換えを考えてみてはどうでしょう?これなら後からだって借入条件を変えることができます!ただ、借り換えってどうやればいいかわかりますか?オススメの方法をご紹介します。

銀行系カードローンに注目しよう

借り換えをしたいとき、まず気になるのは「借り換えできるだけのお金を借りられるのか」ということではないでしょうか?

借り換えの仕組みは、乗り換えたいサービスで今作っている借金分のお金を借り、借りたお金で元の借入先に返済をすぐに済ませるというもの。借金は変わらないけど、借入先だけは別の場所に変えることができます。

そんなときに便利なのが銀行系カードローンです! 銀行系カードローンなら金利も低いですし、カードローンなら審査も比較的簡単です。借り換え先として申し分ないでしょう。

審査で手間取らない方が楽!

銀行で借り換えすることの一番の利点は「総量規制を考えなくてもよくなる」ということが第一です。

借り換えとはつまりは借金で借金を返すことで、借入先を変える方法だと簡単に思っておけばOKです。それで問題になるのが「総量規制」ですね。

今作っている借金がすでに総量規制ギリギリの額である場合、借り換え目的であっても新しい借金が組めないのではないか…という恐れがあります。

総量規制というのは法律で定められた規制で、借入額は年収の三分の一までと決められているのです。これは法律で決められており、破ると「お金を貸した側」がお咎めを受けることになりかねませんから、どういう目的であれ総量規制を越える額を貸しつける場所はありません。

これは借り換えのとき、非常に面倒なハードルとなります。あくまで借り換えが目的であり、借りたお金は一瞬で返済に使われ、間もなく借入額は総量規制額の範囲内に収まるという目論見であっても、手続き上は「一瞬でも総量規制額を越えてしまう」という段階が入ってしまいます。

融通が利かないと思えることもあるでしょうが、これが法律で決められたことであることを思えば、たとえ一瞬でもこの規制を破ってお金を貸そうというのはムリのある話。

総量規制の対象になる民間の貸金業者に頼むとここでつまづいてしまう可能性が低くありません。それよりは最初から総量規制を考えなくてもよくなる銀行での利用を考えた方が話が早いのですね。

完済後も便利に借りれる!

銀行系カードローンで借り換えをやっておけば、借金返済が楽になる見込みがあります。そしてさらにその後、借金返済後のキャッシングも便利になると言えるのです。

カードローンというのは継続的にお金が借りられるサービスです。借り換え目的であっても銀行系カードローンの利用を開始すれば、借金返済後も普通にそのカードローンを利用できます。

借金を返済して終わりではなく、ずっとその条件を継続してお金を借りられるのです。借金を返しきった後のことまでにらんでサービスを選ぶのであれば、条件のよい銀行系カードローンがやはりオススメです。

このエントリーをはてなブックマークに追加