> お金を借りる > 他社で借り入れの翌日に借りるのはアリ?傾向と対策はコレです

他社で借り入れの翌日に借りるのはアリ?傾向と対策はコレです

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.21

お金に困ったら、すぐにキャッシングサービスを使いたいところですね!急いでいるときにでもサッと使えて便利なのがキャッシングです。

ネットなどでキャッシングと検索すれば利用できそうなサービスがすぐにリストアップできることでしょう。それらを遠慮なく使ってみましょう。

ところで、そうやってキャッシングを利用したすぐ次の日、また急にお金が必要になったとしたらどうでしょう?昨日もそうやってお金に困りキャッシングを使ったわけですが、そうやって他社で借り入れの翌日にまたキャッシングをするのは問題ないのでしょうか?

キャッシングは貸金業者がビジネスでやっていることなのですから問題ないのではないかと思えるところですが、ちょっと気が引けるところもありますよね(笑)。

連続してキャッシングサービスに申し込むことに問題はないのか、傾向と対策を見ていきましょう。

連続のキャッシング利用、まずは条件次第

連続してキャッシングに申し込むことに問題はないのか、それはまずは自分の条件次第だと言えるのです。

キャッシングというのは一つしか利用できないものでしょうか?いえ、そんなことはありません。現にキャッシングを二つ三つと契約している人はおられます。

キャッシングの複数利用が叶うかどうかはひとえに自分の条件次第。もっとハッキリ言うと、キャッシングを二つも三つも利用したとしても返済不能に陥ったりしないだけの収入があるのなら、特に問題なく利用することができるでしょう。

あちらもビジネスでやっていることですからね。問題なく利用できる人ならいくらでも喜んで貸してくれることでしょう。

ですから、たとえそれが他社で借り入れのすぐ翌日だったとしても、新たに申し込みをしてもまったく問題ないだけの収入がある人なら普通に利用できる可能性は十分にあります。

更なるキャッシングが必要だと思う、そしてそれをできるだけの収入もある。それなら遠慮なくキャッシングに申し込みをしてみましょう!

でもヘンな利用を疑われる可能性もある

しかし、できればそう連続してキャッシングの申し込みをするのは避けた方が無難と言えるところもありますから知っておいてください。

連続してキャッシングに申し込みをするだけのやむを得ない事情といえば、たとえば昨日申し込んだキャッシングサービスの最大融資額を利用してもまだお金が足りない。それで新しくキャッシングサービスを利用したい。

連続でキャッシングサービスに申し込み、なおかつそれらを最大融資額で利用するだけの十分な収入もある。こういった条件ならば、連続してキャッシングに申し込みをすることにそれほどの不自然さはないかもしれません。

ですが、ここまで極端な例でもない限り、連続してキャッシングサービスに申し込む理由というのはあまりありませんよね。もちろん真実は小説よりも奇なり。

二日連続で予想外の出来事が起こり、急遽お金が必要になってしまう可能性だってゼロではありませんが、そうそう頻繁に起こりえることではありません。

頻繁に起こりえるのであれば、できればそれを見越した上でのキャッシング利用を一回目でやっておきたいところですよね。

二日連続でキャッシングに申し込みをするというのは、やはり多少の不自然さが目立つ行為ではあるのです。相手も商売でやっていることではありますが、妙な利用をする相手は借金踏み倒しを警戒して貸し渋る傾向があります。

自分のうっかりミスにより連続で利用したくなることも実際にはあると思うのですが、そうするだけの必然性が証明できないと、審査で手間取ることも出てくるのです。

カードローンを利用しておけば便利!

二日連続でお金を借りたいと思う事情が出てきた時も問題なくなる方法が一つあります。カードローンを利用しましょう。

これは限度額までなら何度でも追加借入可能というサービスですから、お金を借りた次の日にまたお金が必要になる事態が起きても問題ありません。審査なしでお金を借りられるのですから誰に気兼ねする必要もないのです。

もし初日の利用で限度額一杯まで借りてしまっていたとしたら?そのときは限度額の増額を申請してみましょう。限度額の増額なら新たにキャッシングサービスを契約するよりはまだ自然な方です。返済能力にまだまだ余裕がある人なら特に問題なくいけるでしょう。

そのサービスの最大融資額を利用してもそれでもまだお金が足りないといったケースだとカードローンの利用でも少し難しいですが、その場合は新たにキャッシングを利用することにそこまでの不自然さもありませんから問題もありませんね。

とにかく不安ならば融通が利きやすいサービスであるカードローンを選びましょう。それだけでかなり融通の利く利用が可能になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加