> お金を借りる > 意外な手数料!?印紙代を用意しておくと借入がスムーズなわけ

意外な手数料!?印紙代を用意しておくと借入がスムーズなわけ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.19

借入するとき、用意しておくと利用がスムーズなものってありますよね。たとえば身分証などは必須です。これがないと借りれるものだって借りれません。

そこを見落とされる人は少ないと思うのですが、他にもちょっとしたお金を用意しておくと話がスムーズであることがあります。印紙代というのが何かわかりますか?わからない人はこれからお話する話をちょっと覚えておくとよいですよ。

税金がかかる!?実質的手数料の存在!

借入を利用するとき、あまり意識することはないかもしれませんが、わりときっちりとした契約を交わしているわけです。だいたいの場合、契約書というものを作成することになるでしょう。

まあ、契約書なんて何かのサービスを利用するときによく書かされますからね。業者側の指示に従ってホイホイと名前や現住所、押印などをしたりしますよね。

借入を利用するときもそういう流れになることが多いと思うのですが、借入の場合は印紙代が必要になることがあります。これは印紙税というれっきとした税金。特定の書類を作成するときには支払わなくてはならない税金になるのです。

借入の契約書は印紙税の対象になることが多く、契約書を作成するためには印紙税を払わなくてはならないケースが多いのですね。

印紙という切手のような小さな紙を貼るだけで手続きは終了ですが、その印紙は切手のように買わなくてはなりません。その費用が事実上の納税ということになるのです。

つまり借入の契約書を作成するために印紙代を請求されることがありますから、その分のお金を用意しておくと話がスムーズなわけです。

負担は利用者側なのか!?

しかしこれから借入を利用することで、お金を貸した側は収入が入ることになります。利子というやつですね。それに対してお金を借りる側はこれから利子を払うのです。これからお金が出ていくことが分かっているのに、さらに印紙代まで払うのはちょっとつらいですよね。

相手はこれから収入があるのがわかっているんですから、印紙代くらいはサービスでつけてくれたっていいじゃないかと思える人もいるのではないでしょうか。

実際、印紙代をサービスしてくれる金融機関もあるのですが、負担は利用者側にという場所も少なくありません。立場的には、お金を貸す側が頼まれてお金を貸すという構図が正確です。

頼みに応じてお金を貸しているんだから、必要な税金負担は利用者側がやるというのもあながち的外れではありませんよね。というわけで、やはり印紙代を用意しておいた方が話がスムーズだとは言えます。

負担はそんなに重くない

これから利子という形で出費もあるのに…といまいち納得がいかないような気持ちになっている人もおられると思うのですが、印紙代の額を確認すれば気もおさまるのではないかと思います。

印紙代として何千円もかかるなら納得できない気持ちもあるでしょうが、必要なお金は数百円程度です。ポケットの小銭で足りるくらいの負担ですから、それくらいは必要経費として負担するのも悪くはありませんよ。

印紙代をサービスしてくれる場所があればそこを積極的に利用し、見つからなければ印紙代はこちらで出すというようにした方が話が早いのは確かです。要求されたらすぐ出せるように、気持ちの準備はしておいてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加