> お金を借りる > 自由業でキャッシングしたいなら注意したい一つのこと

自由業でキャッシングしたいなら注意したい一つのこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.18

自由業というのは何ともいい響きですよね。お堅いサラリーマンに比べて身分は不安定ですが、その代わり毎日は非常に自由です。こんな生き方ができたら…と憧れている人も多いのではないでしょうか。

しかし社会的信用度においてはお堅いサラリーマンの方に分があります。信用力が必要になるキャッシング審査において、自由業というのはどういう評価をされるのでしょう。自由業でキャッシングしたいときに注意したいことがありますのでご紹介します。

収入はあるのか!?

これは非常に大切なことです。キャッシングを利用するとき、安定的収入がない人はえてして審査でのウケがよくありません。貸したお金は将来的に返してもらう必要があるため、将来的に収入がありそうな人かどうかはシビアにチェックされます。

お堅いサラリーマンがキャッシング等を利用しやすいのは安定的に給料を得やすい立場にあるためです。お金を貸しても将来的に入ってくる給料によって返してくれるだろうと思えれば、キャッシングを提供することに何の問題もありませんね。

これが自由業となるとどうでしょうか?自由業というのはその身分の自由さと引き替えに収入が不安定になりやすい特徴があります。副業としてではなく本業としてその自由業をやっている場合、それで本当に収入は得られているのでしょうか?

自由業とは名ばかりで、実は限りなく無職に近い立場だとか、実は友人知人に借金をしまくっているとか、そういう実情がある場合、審査で信用を得ることが難しく、キャッシングできないという結果になりがちです。

本当に生計を立てられるくらいに収入があるのであればよいのです。できれば毎月安定的に一定額以上の収入があることが望ましいですが、その辺も考えてみてください。

収入があるなら、次はそれの証明を!

収入は確かにある!という人も多いでしょう。そもそもそれを副業ではなく本業としてやっているのなら、それで収入が得られないと自由業という立場だって続けられませんよね(笑)

本当に稼げている人なら問題はありません。キャッシングにおいて重要なのは収入の有無です。そこをクリアすることができているなら、借りられる可能性は低くありません。

身分が保証されていることが多い勤め人に比べると自営業系の立場は若干不利ですが、収入さえあるのなら問題はないのです。

ただし、収入が確かにあるということを証明できなくてはなりません。自分の年収等を自己申告することになりますが、自己申告された内容を鵜呑みにするほど借入審査は甘くありません。「年収一千万」と申告するだけなら誰にでも出来ますからね。

勤め人に比べて自営業系の立場は「本当にそれで収入を得られているか?」という点を疑われやすい立場でもあります。収入があるならなんとかそれを証明しなくてはなりません。

こういうときに役に立つのが「納税証明」などです。税金は自身の所得に応じて課税されるのですから、納税があるということは所得があったという証拠。ついでに納税もきちんとしているというアピールにもなり一石二鳥ですよ。

証明できないとツライ!

自由業で確かに稼いでいるけど、その証明ができない。実はこういう立場にある人もおられます。自由業は納税手続きなども自分でやらなくてはなりませんが、自分がやらなければ他にうるさく言う人も身の回りにはいません。それでついつい適当になってしまう人も多いようです。

普段はよくてもこういう場面でその適当さのツケが回ってきます。たとえその自由業で本当に年収一千万近くいっていたとしても、それを証明することができない場合、キャッシングを利用するのは難しいでしょう。

気軽な立場が利点である自由業ですが、押さえるべきポイントは押さえておきましょう。そうすれば、いざというときはいつでもキャッシングができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加