> お金を借りる > 破産していても通りやすいカードローン!利用メリットを解説!

破産していても通りやすいカードローン!利用メリットを解説!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.05

破産したいなどと思っている人は一人もいないでしょうが、お金のやりくりは難しいもの。一寸先は闇という世の中が続いていますから、思いがけない出来事が続いて破産してしまったということもあると思います。

以前の借金については破産で片付き、とりあえずは仕事も見つけて再起してきたという状況になってくると、またキャッシングなどを利用したいことも出てくると思いますが、破産後にお金を借りることはできるのかが問題ですね。

破産すると信用力はズタズタに…

破産したのは確かに失敗だったとしても、破産後に頑張って再起できたなら問題はないのではないかと思えることもあると思います。

事実、自己破産したとしてもその後に再起できた人は見た目にはわからず、本人がそれを言わない限り破産経験者とは思えないことが多いでしょう。

そんな状態であるなら破産後も普通にキャッシングができるものと期待してしまいますが、実は破産後のキャッシングは非常に難しいと言わなくてはなりません。一度でも破産をやってしまうと自分の信用力はズタズタになっているものと思っておいてください。

破産した本人としてはいろいろ言い分もあるでしょう。破産してから何年か経っているなら、そんな昔のことより今の状態を見て欲しいと強く思えるかもしれません。

ですが、破産した事実で重要なのは「借金を返しきれなかったことがある」という事実です。ここはお金を貸す側にとって見過ごすことのできない点なのです。

一度破産した人はまた破産するかもしれない。そういうことを警戒され、キャッシング審査では非常に敬遠されるようになってしまいます。数年前の破産の事実がネックになってキャッシングできない可能性の方が高いと思っておいてください。

破産していても通りやすいカードローン!?

それでも一度破産したらもう二度とキャッシングを使えないというわけでもありません。またキャッシングができる可能性はあるのですから、必要だと思うなら利用を考えたくはありますね。一つの方法として、なるべくハードルが低いキャッシングを選ぶというものがあります。

破産後は総じてキャッシングが難しいですから焼け石に水かもしれませんが、それでも難しいキャッシングを選んでいては使えるものも使えなくなってしまいます。せめて一番審査が簡単なものをチョイスしなくては自分の信用力の現状もわかりませんよね。

一番ハードルが低いものとしてオススメなのはカードローンです。カードローンなら誰でも使いやすいものですからね。

破産していても通る可能性が一番高いものとしてカードローンを選ぶのが無難です。カードローンの中でもなるべくハードルが低そうなものを探し、それでやってみましょう。

ある程度の時間は必要

よほどのマイナス条件でなければカードローンを選ぶことで審査をクリアできるものなのですが、破産に限ってはさすがのカードローンでも難しいことが多いでしょう。

破産後にも一番通りやすいのはカードローンですが、それでもキャッシングを利用できるだけの信用力が回復しないことには使えないでしょう。

破産の事実があると非常に印象が悪いですから、とにかく時間が必要になる場面です。時間が経てば破産の事実が持つインパクトも弱くなっていき、やがては普通にキャッシングできるようになります。

最低限のローンであるカードローンなら比較的早い段階から相談に乗ってもらえる可能性はありますが、過度な期待はしない方がよいかもしれません。

目安として必要な時間もお教えしておきましょう。破産してからおよそ5年~10年程度時間が経っていれば可能性も出てきます。それくらいの時間を見つつ、カードローンに申し込んでみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加