> お金を借りる > 申請前に要チェック!自営業者の借り入れに絶対必要になるもの

申請前に要チェック!自営業者の借り入れに絶対必要になるもの

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.18

お金に困ったときは借りるという手がありますよね!最近はキャッシングというサービスもありますし、借りるのは簡単です。

しかしキャッシングが簡単に使えるとよく言われるのは「勤め人」であるケースです。ちょっとした自営業をやっている人だってたくさんいますよね。自営業者の借り入れである場合、キャッシング等のサービスは使えるのでしょうか?

自営業者でも使いたいキャッシング!

結論から言いますと、自営業者の借り入れにもキャッシングは使えます。

キャッシングを使うときに勤め人である方が若干話がスムーズであることは多いでしょう。これはもう自営業者の宿命と言いますか、それとも勤め人が恵まれていると言うべきか、借り入れ審査を受けるときは自営業者より勤め人の方が有利なのです。

理由は収入の入り方を考えればわかりますね。自営業者はあくまで自分の力だけで収入を得なくてはなりませんが、勤め人は違いますね。

勤め人の方はチームワークで収益を上げているため、たとえ本人が怪我や病気で少し働けなくなっても補償によって収入を得られる可能性はあります。

そして自分が休んでいる間も別の人が働いてくれていますから、病気怪我が治ればまたすぐに仕事に復帰できるというのも見逃せません。

自営業だと、仕事が滞ったことで信用を失い、仕事を得られなくなる可能性がありますよね。これも自営業者が不利な点です。

というわけで、借り入れ審査においては収入を得やすい勤め人の方が有利とされやすいのですね。勤め人ならキャッシングですぐに借りれるといった意見をよく見かける理由はこれです。

比べればやはり勤め人の方が有利ですが、自営業者だと借りれないということはありません。もともと利用が簡単であるキャッシングに限れば自営業者でも借りれる可能性は高いでしょう。お金を借りたいときは積極的に使ってみてください。

自営業者は年収に特に注意!

ただし、自営業者が若干勤め人より不利な立場で審査を受けなくてはならないことを忘れてはなりません。自営業者である場合、勤め人より注意したい条件があります。

それが年収です。借入するために一定以上の年収が必要というのはごく当たり前の話ではありますが、自営業者の場合は特にそれが顕著です。

なぜなら、自営業者は勤め人より身分が不安定であるため、「自分には確かに返済能力がある」ということをよりはっきりと示さなくてはなりません。

そのためには年収は高い方がいいでしょう。年収が高ければそれだけ簡単にお金を借りることができます。

年収が低くても借りれないわけではありませんが、同じくらいの年収を持つ勤め人よりは評価が低く、借入限度額により低い制限をつけられる可能性があります。

勤め人の感覚で「年収がこれくらいあれば借りれるだろう」という読みをしていいかどうかはわかりません。あまり皮算用をしすぎないように注意しましょう。

身分の保証は確実に!

もう一つ、自営業者ならではの注意点がありますのでご紹介しましょう。

借り入れをするためには身分の証明をしなくてはなりませんが、自営業者の場合はここに注意が必要です。勤め人であれば自分の職場の連絡先を書けばそれで終わるものの、自営業者の場合は自分で身分の保証をしなくてはなりません。

たとえば自分で事務所などを持っており、そこの連絡先などがあればよいのですが、そういうものを持っておらず、連絡はもっぱら携帯電話一台だけというのは少し不安です。

借り入れ審査を通過するためにはだいたい固定電話の連絡先が一つないと厳しいのです。仕事をするだけなら携帯一台で十分なのですけどね…。

そのあたりを用意できるかどうかも注意してください。それを用意できるなら自営業者でも簡単にキャッシングできることでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加