> お金を借りる > 育休中お金を借りるなら知っておきたいキャッシング知識

育休中お金を借りるなら知っておきたいキャッシング知識

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.05.11

キャッシングを使いたいときというのは、「お金がかかる特別な時期」だったりしますよね。普通に働け、出費もそんなにない時期なら普通にやりくりできるけど、特別な事情があったりするとやりくりも追い付かなくなるもの。

まして「収入が途絶える」という条件まで加わったらますますやりくりは苦しくなります。そんなときは「キャッシングを使いたい!」と思うのも自然なことでしょう。

ですから「育休中お金を借りるのはできる?」という質問が寄せられるのもごく自然な流れです。生まれたばかりの子供の世話のために休暇を取っている時期というのは、いつも以上にお金もかかりますし、働けないため収入も途絶えがち…。

収入が減って出費が増えるという何とも家計には大ダメージとなりがちな状況です。お金に関してはいつも以上に頭を悩ませることになってしまうでしょう。

だからこそキャッシングを是非とも使いたいと思える時期の一つですが、育休中という少し特殊な時期であることは利用に影響するのでしょうか。

キャッシング審査において育休中という立場がどう評価されるかというその一点にかかっていますが、やや不安になる条件が揃っているのは確かですね。

一番大きいのは「収入が途絶えている」という点。育休は有給消化と違って給料が出ないことが普通です。この期間に収入が入るとしたら、それは雇用保険からの一部支給金くらいですが、これもまた自身の稼ぎとは少し毛色が違います。

キャッシング審査は収入がない人が通過するのは厳しいことが多いとくれば、表面上は稼ぎがなくなっているこの状態が嫌でも不安視されますね。

もちろん可能性がないとは言えません。無職者とは違い、特定の職場に籍があり、育休終了後は復帰できる見込みが強いのであれば、その辺りの兼ね合いから借りられることもあるでしょう。しかしその辺りの見込みが曖昧だと審査は厳しくなるかもしれません。

お金に困っているからこそ使いたいキャッシングですが、育休中ではやや利用が難しくなるかもしれないのですね。

可能性がないわけではありませんから、一応相談してみるのもよいのですが、いつも通りに働いているときに比べ、なかなかスムーズに利用ができなくて苦労する可能性もあるでしょう。

もしどうしてもお金がなくて何がなんでもお金が借りたいと思うときは、通常のキャッシングと同時に専用のローンの利用などを探してみるのもよいかもしれません。実は育休中の人を対象とした専用ローンなどが用意されている金融機関もあるのです。

そういうものがあったとすると、育休中だからということで審査が厳しくなるという面を少しでも和らげることができるでしょう。育休中だということで神経を使わず、正直に状況を申請すればよいのですから気も楽ですね。

通常のキャッシングと専用ローンのどちらがよいという話ではありませんが、条件などをよく確認の上、利用できそうなローンに申し込んでみましょう。そうすれば育休中でも借りられる可能性が出てきます。

このエントリーをはてなブックマークに追加