> お金を借りる > 家を担保に銀行から借入、手順を確認すべき理由とは

家を担保に銀行から借入、手順を確認すべき理由とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.05.09

条件は良いものの、審査も厳しくてなかなか手が出ないもの。それが銀行からの借入かもしれません。

お金に困っている人にとってはその条件の良さもあってまず利用したいものだと思いますが、実際に利用できる人はどうしても限られるという実情があります。

そんな銀行の融資を利用しやすくするテクニックの一つが「家を担保にする」というものですね!担保というのはお金が返せなくなる万が一の事態に備え、そのとき返済代わりに充てる資産を設定しておく制度です。

不動産などがよく担保にされるのは資産価値が高いことが多いため、高額の借入をしたときの保険にはもってこいだからでしょう。家を担保にしておけばそれだけ大きな保険ができ、銀行から借りやすくなると言えます。

仕組みとしてはそういうものになりますが、この方法を実行するのであれば、できれば手順をよく確認しておくことを強く勧めます。

物事にはどれも一長一短があるもの。家を担保に銀行から借入するというのもいいことばかりではないのですね。場合によっては「普通にキャッシングした方がよかったかも…」なんてこともあるかもしれませんから。

イメージ的に、家を担保にすればホイホイと話が進んで行き、高額なお金でもあっという間に借りられてしまうというものがあるのではないでしょうか?

話が進みやすくなるというのはその通りですが、そう簡単にはいきません。話には手順というものがあります。家を担保にするときにはどういう手順を踏む必要があるのでしょうか?

このとき発生する独特の手順というのが「担保の価値を評定する」というものです。担保などを求められないキャッシングやカードローンというものだとあまり見かけることのない手順ですね。忘れないように確認したい点です。

これというのは、担保がどれくらいの価値を持っているのかというのを調べる手順になるのです。考えてみてください。それがあるから万が一の時の保険になるというのが担保の考え方ですが、それは厳密には絶対ではありません。

たとえば家を担保にする場合、資産価値一千万の家と百万の家、どちらが担保になっているかで意味合いは違ってきます。

五百万の融資を利用するとき、一千万の家が担保になっていればすぐに話はまとまるでしょうが、百万の家が担保ではそこまでトントン拍子にはいかないかもしれませんね。

とにかく担保の価値がわからないことには何ともいえないのだから、とりあえず担保の価値を調べよう…という手順が発生してしまう。それが何かを担保に借入するときの宿命です。

これを調べられずにお金を借りられることは考えにくいでしょう。キャッシングを利用するとき年収を調べられないことがないのと同じことです。

家を担保にするとお金を借りやすくなる反面、借入までの手順が増えて時間を取られるというデメリットがあるというわけです。もし家を担保にお金を借りようと思っている人は注意しましょう。時間がないときは無担保のキャッシングの方が便利と言える場面もあるかもしれませんね。

このエントリーをはてなブックマークに追加