> お金を借りる > 保証人は求められる?サラ金での借り入れマニュアル!

保証人は求められる?サラ金での借り入れマニュアル!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.12

サラ金を使うとき、どんな手続きがされるのでしょうか?銀行などと違って民間の貸金業者であるサラ金を使うと、手続き面でも何か特殊なことがあるのではないかと心配になる方もおられますよね。

たとえば、保証人などを求められたりするのでしょうか?貸し倒れは自社の損失となり、最悪倒産も起こりえる貸金業者はその辺りがシビアにように思えますが、どうなのでしょうか?

キャッシングを選べば保証人不要!

保証人を求められるかどうかが気になるという人の中には「保証人を求められたら用意できないぞ!そうなったらどうしよう!」という不安を抱えている人もおられるのではないかと思います。

保証人というのは借金を返しきれないときに借金を肩代わりする人のことですね。お金を貸す方からしたら当然求めたいものであると思いますが、これを無しにする方法はあるでしょうか?

サラ金から保証人を求められたとき、それを無しにする方法はなかなか難しいかと思うのですが、最初から保証人を求められないだろう方法を選ぶことによって保証人が求められる可能性を下げることが可能です。

保証人を求められたら困ると思っている人は、この方法をぜひ考えてみましょう!それにはキャッシングを選んでください。

サラ金にもキャッシングというサービスがあるのは珍しいことではありません。キャッシングとは簡略的なローンのことで、保証人や担保なしでいくらかのお金を借りることができます。

どこにあるキャッシングでもたいてい保証人も担保も不要とされますから、保証人が不安ならこれを選びましょう。そうすることで保証人で頭を悩ませる必要性もなくなります。

もし保証人を求められたときは

キャッシングを選ぶ限りにおいてはだいたい大丈夫なのですが、保証人不要のキャッシングを選んでもまれに保証人を求められるケースがあります。

たとえば、審査の結果がかなり悪く、保証人がない限り貸付するのはかなり不安だとサラ金側に思われたケースなどです。

保証人というのは万が一のときの保険のようなものでしたね。この人にお金を貸すのは不安だな…と感じた相手に保証人を求めるのはごく常識的な話です。

他にも、キャッシング以外のローンを利用しようとしたときなどに保証人を求められることがあるでしょう。こういったケースで保証人を用意できないときは、普通に審査落ちとなって終わってしまう可能性が高いです。

借りれるか借りれないかの分かれ目です。どうしても借りたいなら保証人を用意したい場面です。

保証人として望ましい相手

保証人さえいればお金が借りられる…!そういう場面では保証人を探そうという気になると思いますが、保証人として設定できる相手は限られているようなところがあります。ローンに慣れていないと見落としがちな点ですから気をつけましょう。

保証人とは誰でもよいのではなく、それなりの経済力がある相手ということになります。借金が滞納されたときのための保証人なのに、いざという場面がきたら保証人の方もお金がなくて払えないということになっては意味がありませんね。必要なだけの経済力を満たす相手ということになります。

それは最低限必要な条件として、さらにもう一つ重要なポイントがここです。債務者とある程度近しい関係にある相手でなくてはならないことが多いのです。具体的に言うと、たとえば債務者の親や兄弟、親族などが望ましいとされることが多いでしょう。

これはそれくらいの相手でないと、いざというときに支払いを渋られる可能性があるということで、血縁関係にあるような相手でないと不可とされることが多いのです。

形だけの保証人ではなく、いざというときは本当に借金を肩代わりしてくれそうな相手を探す必要があるのですね。

というわけで、保証人を求められたときは自分の親族を中心に相談しないといけないことが多く、必然的に借金がばれてしまいます。隠れて借金をしたいという人には少し厳しい話ですので気をつけましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加