> お金を借りる > 買うと言ったが買えない人はすぐにでもキャッシングすべき!?

買うと言ったが買えない人はすぐにでもキャッシングすべき!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.08

欲しいものがあるとき、「買う!」ととりあえず言っておくのも手ですよね。口約束ではありますが予約というわけです。そう言っておけば相手も配慮してくれることもありますから、後はお金を用意するだけ。

ところが、お金が用意できなかったら大ピンチです!買うと言っておきながらお金が用意できないなんて相手にどんな顔をすればいいのでしょうか?買うと言ったが買えない人はどうしたらよいか、ピンチの時のオススメ対応をお教えします。

「やっぱりナシで!」は信用を失くす

お金が用意できないのですから、「買う」といったその約束の方をキャンセルさせてもらえば…というのが思い浮かぶと思います。もちろんそれもアリですが、正直言ってただの迷惑な人ですよね。

簡単な口約束ならまだ救いもありますが、渋る相手をやっとこさ説得して取りつけた口約束だったとしたら「お金が用意できないからやっぱナシで!ゴメンね!」で話は収まらないでしょう。

どちらにしても、自分が買うと言って取っておいてもらった物を買えないなんて気が引けるところがありますね。キャンセルできたとしても信用を失くすのは間違いありません。

「お金がないからやっぱキャンセル」よりも何とかしてお金を用意するという方向で考えてみてもよいと思います。

お金さえ用意できれば、守れそうにない約束を何とか守ることができますね。期日までにお金を用意できれば、実は約束を破ってしまうところだったなんて相手にはわかりません。自分のメンツを保つこともできてお得ですよ。

お金が欲しいならキャッシングを!

とりあえず額面上のお金を確保するにはどうしたらよいのでしょう。そんなときはキャッシングを使ってみてはどうでしょうか?借金することの利点は、とりあえず目先に必要なお金を揃えられること。

キャッシングで借りたお金に印なんてついていないのですから、相手には目の前のお金がこちらのお金か借りたお金かなんてわかりません。言い方は悪いですが、お金がないことを相手に悟らせない、つまり誤魔化すことができるのです。

キャッシングなら審査も手続きもスピーディに終わるサービスですから、急ぎの利用にもピッタリ。約束を守れるかどうかという瀬戸際でイライラしているときにも便利ですよ。

もちろん審査があり、それに合格しないといけませんが、ちゃんと仕事している人なら大丈夫です。普段からキャッシングといったサービスを使わない人なら信用度も高く、こういう場面ですぐに利用に入ることができます。オススメです。

返済する手段はいろいろ!

とりあえず額面上のお金を期日までに揃え、買うと言ったものを無事に買えたとしたら、やれやれですね…。欲しいものが手に入って嬉しいというより、約束を破らずに済んでホッとしたという安堵感の方が大きいかもしれません(笑)

ただ、厳密にはその買い物は自分のお金でやっていないのですから、返済はきちんとやって辻褄を合わせることを忘れてはなりません。

約束相手には借金のことはばれていないとはいえ、借金したことは事実なのですから、ちゃんと返す物は返して精算しておきましょう。

収入が入れば一発で返せるだけの余裕ができる人は、もう一括で返してしまうことを勧めます。そっちの方が何かと話が早い上にお得です。一括返済でパパッとやってしまいましょう。

ゆっくり返していくことも可能ですので、一括返済ができるほど余裕がない人も安心してください。そういう人はリボ払い等を活用し、何か月かかけて借金を返済しましょう。

借金を返しきればこのドタバタも終了です。慌ただしい方法ですが、欲しいものは手に入るし約束を破らなくても済みます。お金がないのにうっかり口約束で「買う!」と言ってしまった人はすぐにキャッシングしてみてはどうでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加