> お金を借りる > 意外な実情がそこに!借金によくある取立の現実とは

意外な実情がそこに!借金によくある取立の現実とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.18

借金をするとき、密かに気になるのは「万が一滞納したときのこと」ではないでしょうか。大半の人にとって取り越し苦労にしかなりませんが、やむを得ない事情で滞納してしまうことは誰にでも起こりえます。そのときのことをシミュレーションしておいて損はありませんよね。

心配になるのは一体どういう取り立てがされるのかということ。借金滞納には取り立てがされるのが一般的です。よくある取立がどんなものかお教えます。現実の取り立ては意外なものになっていますよ。

督促状の送付

借金の踏み倒しを狙っている人やルールを守れない人、そういう一部の問題行為を繰り返してしまう人を除き、一般の人が何かの拍子に経験する取り立てというのはたいてい督促状の送付になるでしょう。

督促状というのはつまり催促状のことですね。滞納が発生しているという通知とともに早く返してくださいということを伝える通知状です。

あまり受け取りたくない通知であるのは確かですが、何かの拍子に滞納をやってしまうとどうしても送られてきてしまいます。

借金取り立てでされるものとしては非常に一般的ですが、通知が送られてくるだけならまだ取り立てとして軽い方だというのはわかりますよね?直接人が訪ねてきたりするケースに比べればプレッシャーも全然ない方でしょう。

だからといって気軽に考えてもらうのはよくないのですが、「滞納したから相手がめちゃくちゃ怒っている!」とまで震え上がる必要もありませんよ。本当に怒り狂っているのなら督促状一通送るだけで話が済むわけはありませんからね。

まだ事態はそこまで深刻でありませんから、できる限り急いで返済をやってしまいましょう。

電話連絡

督促状と並んでよくある取り立てが電話連絡です。金融機関側から滞納を知らせると同時に早く返してほしいということを口頭で伝えられるわけですね。

書面の通知である督促状に比べ、お金の貸し手側と直接喋らなくてはならないのですから、若干こちらの方がプレッシャーかもしれません。ですが、こちらもそこまで深刻に考えすぎる必要はありませんよ。

考えようによっては督促状を送付するよりも電話一本かける方が手間が少ないと思えませんか?督促状を郵送するには時間も費用も掛かりますが、電話ならすぐに用が済むではありませんか。

そういうわけで電話連絡が優先的にされることもあります。こちらも滞納初期にかかっただけならそこまで震え上がる必要はありません。速やかに返済をやってしまいましょう。

よくある取り立ては意外と軽い?

一般人が経験しやすいよくある取り立てというと、意外なことに以上のようなものです。通知がくるか、電話がくるか、その程度なのですね。いきなり自宅まで取り立て人が押し掛けてくるとか普通はありえませんよ。

本当に?と疑ってしまう人もおられるかもしれませんね(笑) 考えてみてください。取り立て人が自宅まで訪問するということは、それだけ人件費がかかります。

しかも取り立て人が自宅まで出向くまでの交通費等も全部費用としてかかってきてしまうのです。そんな手間のかかることを好んでやると思いますか?それよりは通知や電話連絡の方が早くて安上がりです。連絡さえいけばすぐに返済してくれる人も多いですから。

ただし、それらの軽い取り立てで返済してくれない人には本腰を入れた取り立てがされます。取り立て人の訪問、それでも返済が進まなければ裁判に訴えられることになります。

もちろんこれらは取り立てをする側の負担も大きいですから、最後の手段としてそう簡単にはやらないでしょうが。もし取り立てを受けることがあれば、対応が軽いうちに返済してしまいましょうね。

このエントリーをはてなブックマークに追加