> お金を借りる > 自己破産者でも借入れ出来る金融機関を見つけるため、知るべき事

自己破産者でも借入れ出来る金融機関を見つけるため、知るべき事

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.04.14

キャッシングに関する話の中には、「自己破産を考えている…」という何とも悩ましい声もあるのは事実です。

キャッシングそのものでそこまで悲惨なことになる人は少数派ですが、星の巡り合わせが悪かったのか、うまくキャッシングを利用することができなかったという人もおられます。

お金を借りた以上は返せるのがベターです。しかし、どうしても返せそうにないとなったら、やむを得ず自己破産というのが現実的ですかね…。

自己破産後のキャッシングの現実

自己破産によって借金を精算することができたら、心を入れ替え、今度こそ正しくキャッシングを使おうと決意も新たにキャッシング審査を受けようと考えている人もおられるかもしれません。

失敗は薬です。そこから何らかの教訓を得たりした人なら、これまで以上にうまくキャッシングを使えると自信に満ちている人もおられるのではないでしょうか?

しかし、自己破産をした代償として、キャッシングを前にした現実は以前と大きく異なっていることを知っておいた方がよいでしょう。

自己破産後、キャッシング審査を受けた場合、ほぼ100%と言ってよいほど審査に落とされてしまいます。

自己破産は公的にも認められた債務整理方法であり、決して違法行為によって借金を踏み倒したわけではないのですが、合法的であれ借金を返しきれなかったという事実に変わりはありません。その影響はかなり強力に残るのです。

自己破産してもキャッシングは可能?

自己破産者にとっては厳しい現実かもしれません。自己破産して債務こそ免債されたものの、とりあえず当面生活するお金にも困っているという人も少なくないと思います。

そんな中、これまで通りアテにしていたキャッシングサービスにそっぽを向かれてしまった格好になりますと、他にお金を調達する手段がなくて途方に暮れてしまう人もおられるのではないでしょうか?

キャッシングを提供している金融機関も多いですから、なんとか自己破産者でも借入れ出来る金融機関を見つけようと躍起になっている人もおられると思います。

もしかすると「自己破産をしたけど借りれた!」という話をネットか何かで見たのかもしれませんね。

一応、自己破産をしたからといってもう二度とキャッシングが利用できないということはありません。自己破産者がキャッシングを利用できる可能性はあります。しかし自己破産経験者が借入できる金融機関を見つけるには、あるものが必要です。

必要なのはとにかく時間

自己破産をした人間がまたキャッシングを利用できるようになるには、かなりの時間が必要です。それだけの時間を待たないことには、自己破産者がキャッシングできる金融機関はまず見つけられないでしょう。

逆に、一回必要な時間を置けば、また以前のようにどこの金融機関でもキャッシングが利用できるようになります。自己破産後にまたキャッシングがしたいなら、とにかく時間を置くことです。

では必要な時間はどれくらいでしょうか?だいたい10年程度はキャッシングから離れる必要があるでしょう。

「そんなに!?」と思われるかもしれませんが、破産することで借りたお金を返せなかったというのはそれだけ信用を失う行為なのです。

自己破産してもまた借りられるようになる可能性はありますが、当分はキャッシングを使えないのが現実です。そのときが来たときにまたすぐキャッシングできるよう、また一歩ずつ、信用を積み重ねていってください。

このエントリーをはてなブックマークに追加