> お金を借りる > 融資で避けるべきは破産!破産しないためのコツを指南します!

融資で避けるべきは破産!破産しないためのコツを指南します!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.05.11

お金を借りるとき、一番避けるべきこととして「滞納」ということがよく言われます。これも間違ってはいません。普通に利用する分においては、もっとも避けるべきは「滞納」と言ってよいでしょう。

滞納をするとキャッシングを利用するために大前提として必要な「人としての信用」を大きく損ないます。その上、損害遅延金まで要求されるのです。何一ついいことがありませんから、避けるべきと言われるのは当然ですね。

しかしさらに避けるべきことは他にもあります。滞納を避けるべきというのは、まだ通常の利用ができている間の話。誰かからお金を融資してもらったとき、もっとも避けるべきなのは「破産」の方だと言えます。

破産という言葉自体はすっかり有名になりましたから、知っている人も多いですよね。家計が完全に回らなくなってしまい、自分の稼ぎだけではもうやりくりがつかなくなった状態のことです。

借入れなどを利用していなければ誰かの援助を受けながらまた自立を目指せばいいだけですが、誰かから融資を受けていたりすれば話は一大事です。

破産するような状態ではもうすでに借りたお金を返せるような余地はどこにもなく、事実上の債務不履行に陥っていると見て間違いありません。

実際に自己破産をすれば、債務は免債されることがほとんどです。お金を貸した側にとっては貸したお金が返ってこないのですから、一番避けたい事態であるのは間違いありません。これに比べれば、少々お金が返ってくるのが遅れるだけの滞納など可愛いものでしょう。

融資を受けておきながら破産をするというのはそれほどの一大事です。関係各所への影響も大きいですから、「借金がチャラになってラッキー」というような話では断じてありません。最初から狙ってやるのは論外ですが、できればこういう事態にならないように注意してください。

もし破産してしまったとしたら、破産した人間へのペナルティのようなものはあるのでしょうか?

わかりやすいペナルティというようなものこそないのですが、借りたお金を返せなかったという大きな実績ができてしまうため、信用の失墜はどうやっても免れません。

以降、ローンというようなサービスは根こそぎ利用できなくなると思っておいた方がよいでしょう。当分の間は融資を受けることができなくなるのです。

関係各所への影響から言っても、キャッシングを使えなくなるという事態からも、破産はできる限り避けるべきというのがわかりますね。融資を受けても破産しないためにはどうすればよいのかも考えてみましょう。

一つの方法は、返せなくなるリスクの大きな大型の融資を一度に受けないことです。カードローンなどを利用し、必要なお金を小刻みにキャッシングするようにすれば、無駄な融資を受ける必要もなく、状況に応じてお金を借りることができます。

返済能力さえあればカードローンでもかなり高額の限度額で利用できることも多いですから、カードローンを利用し、なるべく慎重に融資を受けるようにすれば、破産のリスクも下げることができます。

このエントリーをはてなブックマークに追加