> お金を借りる > ローン借りる時、派遣社員は気をつけるべき勤務先の記入!

ローン借りる時、派遣社員は気をつけるべき勤務先の記入!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.07

最近は派遣社員として働いている人も増えてきましたが、そういう人でもキャッシングを利用することはできます。

案外アルバイトより収入がいいこともあり、審査通過の望みはそれなりにあるのですが、手続き時にちょっと気をつけなくてはならない特殊な注意があることを覚えておきましょう。

派遣でもある在籍確認!勤務先はどこに?

派遣社員でもどんな職業でも、ローン借りる時に避けられないのが「在籍確認」ですね。自分がちゃんと働いているということを申告したと思いますが、それを確かめられる審査になります。

ウソを書いていない利用者にとってはまったく気にする必要のないことで、金融機関が申告先の職場に連絡して在籍を確認するという作業になります。やましいところがない人なら知らない間に終わっている審査になります。

派遣社員でも当然この在籍確認はあるわけですが、派遣社員が在籍確認をされるとき、金融機関はどこに連絡をかけるかわかりますか?「毎日勤めに行ってる場所でしょ?」と大半の人が思うのではないでしょうか?

派遣社員の実感としては、派遣先の職場が自分の在籍先になると思います。ならば、そこを勤め先として記入し、金融機関はそこに在籍を確認するということになりますよね?

実はそれはNG。派遣社員は派遣先の職場ではなく、自分が在籍している派遣会社の名前を書くのが正解です。キャッシングなどを利用する際には間違えないようにしてください。

「派遣先の職場で働くこと」が派遣の仕事内容

なんだかわかったようなわからないような話ですが、なぜ派遣社員の在籍先は実際に勤めている場所ではなく、普段自分がいることのない派遣会社を勤め先にしないといけないのでしょう?

それは、派遣社員の仕事内容が「派遣会社が契約している職場に出向き、その職場の指示に従い、その職場の仕事を行なうこと」だからです。

派遣社員とは何をする仕事なのかをよく確認しましょう。自分の体感としては、毎日自分が実際に出向いて仕事をしている職場の一員になって働いている感じだと思うのですが、実際には違います。

派遣社員がやっている仕事を厳密に言うと「派遣先の職場のスタッフの一員として、その職場の業務を行うこと」です。それこそが在籍している派遣会社から求められている業務です。

仮に毎日同じ派遣先の職場で働くことになったとしても、それは派遣会社から「その職場に行って働くこと」を毎日求められた結果に過ぎません。その職場の一員だから、毎日そこに行って働くというわけではないのですね。

派遣会社から「別の職場に行ってくれ」と言われたら、当然そちらの職場に行かなくてはなりません。毎日違う職場に行くように言われたら、そうしなくてはなりません。派遣社員の上司というのは派遣先の職場の上司ではなく、あくまで派遣会社の方なのですね。

自分の立場をよく理解し、間違えずに記入を!

少しややこしいですし、厳密にはそのような関係にあることを体感する機会は少ないでしょうが、派遣社員の立場とはそのようなものになっています。勤め先を求められたときは派遣会社の名前を書かないといけないことがよくわかりましたね。

ローン審査のとき、仮に派遣会社に在籍確認の連絡がいって大丈夫なのかと心配になるかもしれませんが問題ありません。派遣社員の在籍はあくまで派遣会社の方にあるのですから、在籍を聞く相手として間違ってはいません。

在籍確認というからには本人が同じ職場にいないといけないように感じますが、肝心なのは実際に同じ職場にいるか否かではなく、「手続き上の雇用関係が確かにあるのかどうか」という点です。

そこがあるのなら実際にはその会社内の部署に所属していなくても問題ありません。派遣先に出向くこと自体が業務内容である派遣社員が、派遣会社の中の一部署で何かをやっているということは基本ありえませんよね(笑)

あまり難しいことを考えず、後のことは派遣会社の人に任せておけば問題ありません。せっかく派遣でも簡単に使えるキャッシングというサービスがあるのです。お金に困ったときは派遣でも利用してみましょう。

在籍確認のときようの勤め先の申告にだけは気をつけてくださいね。もし不安なら、派遣会社に「キャッシングを利用するので在籍確認の連絡が入るかもしれない」という連絡を入れておくと確実です。

このエントリーをはてなブックマークに追加