> お金を借りる > イメージほどにはない!?冷静に確認したいサラ金の危険性

イメージほどにはない!?冷静に確認したいサラ金の危険性

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.16

銀行は安全だけどサラ金は危険だとの認識は比較的一般的なものかもしれませんね。利用するなら絶対に銀行。銀行使えないなら借入は諦めるとまで言う人もおられます。

サラ金の人気の低さを見るとまるでここの利用には危険性があるのかと疑うばかりですが、サラ金にそのような要素があるのかどうかは冷静になって確認したいポイントです。一緒に確認していきましょう。

サラ金が敬遠される理由の真実

サラ金が銀行に比べると人気がないように見える理由は何でしょうか?ネームバリューというか、銀行という名前に寄せられる信頼感の違いと言えるかもしれません。

しかしそれだけではなく、サラ金は確かに銀行の貸付とは条件面において少し違う傾向が見られます。一番の違いは金利だと言えるでしょう。

サラ金の金利は高いというのをどこかで聞いたことはありませんか?これが言いがかりだったらとんでもない風評被害ですが、実はこれ間違っていません。サラ金と銀行の金利を比べるとたいていサラ金の方が若干金利が高いことが多いのです。

お金を借りるなら金利が低い方がいいと思っている人が大半ですよね。だったら銀行の方がサラ金より人気が出るのも当然と言えるかもしれません。

ただ、少しフォローしておきたいのは、サラ金の金利がある程度高い傾向になるのは事実としても、闇金がやっているような非常識な暴利を想像しないでほしいということです。

具体的に言いましょう。たとえば銀行の貸付の金利が15%前後だったとしたら、サラ金だと同じ条件でも18%前後くらいの金利になる例が多いということです。

両者を比べれば確かに銀行の方が低くてお得ということになりますが、サラ金の金利が法外にありえないということではありません。

借入額によってはほとんど差がわからないくらいの金利差でしかありませんから、ことさら危険危険と叫ぶのはあまりよいことではありません。

実際はそこまで差がない!?

サラ金と銀行を比べたら、金利面で銀行の方がお得だという軍配が一応は上がりますが、だからサラ金がありえないというわけではないことが分かったと思います。

では金利以外の面を比べてみると、サラ金と銀行はどうなのでしょう?やはり銀行の方が優れていると言えるのでしょうか?

サービスの具体的な詳細条件に入ると比較するのも大変ですが、条件によってはサラ金の方が優れていると言える部分もあります。

たとえば対応が早かったり、審査が簡単だったりするのはサラ金である傾向が強いでしょう。素早い融資、簡単に使える融資を求めているなら銀行よりはサラ金を使う場面かもしれません。

しかしこれも先の金利差と同じようなもので、比べてみればサラ金の方に軍配が一応上がるという話であって、銀行に比べてサラ金が圧倒的に勝っているという部分はあまりないかもしれません。

金利面でもそれ以外でも、サラ金と銀行は天と地ほどの差があるとは言いづらい面があります。

キャッシング程度ならどちらでも似たようなもの

銀行でもサラ金でも、限られた一部の人にだけ提供される優良ローンともなれば条件も違ってくるでしょうが、それはケースバイケースの領域ですので比較が困難です。

相談や交渉によって初めて貸付条件が決められるところもありますから、そこは柔軟に対応してください。

そういう融資は除き、あくまでキャッシングといった簡単なローンを利用する場面を考えれば、サラ金も銀行もあまり差がないと言えます。

キャッシング利用者にとって注目せざるを得ない金利面で多少銀行の方が有利ですから、サラ金は若干リスクが高いと言えなくはありません。

しかし闇金を使うときほど極端な危険性ではないということはもうわかりましたね。サラ金も状況によっては柔軟に使っていってください。

どちらを利用するにせよ、お金を借りるときはきちんと利用できるように注意を怠らないことが重要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
タグ