> お金を借りる > 銀行ローンを同時に申し込むとだめか!?知っておくべき答え!

銀行ローンを同時に申し込むとだめか!?知っておくべき答え!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.05.09

ローン申請を同時に出す、という行為について、皆さんは何か問題があると思いますか?「審査とかあるんだし、いくつか予備を作っておくのもいいじゃん」と思われる人が多いと思います。

同時に出した申請の中でどれか一つでも申請が通ればお金が借りられるんですから、同時に出した方が効率的だって思えますよね。効率が重視されるこのご時世、当然のことだと言えるくらいかもしれません。

ですが、実はローン申請において同時申請はちょっとNGとされる向きがありますのでお知らせしておきましょう。絶対にNGになるというほど確定的な話でもないものの、できれば避けた方が安全だというような話だと思っておいてください。

ローンというのは一つ利用できれば十分という状況が多いですよね。たとえばカードローンの利用を考えてみましょう。

カードローンというのは限度額までなら追加借り入れは審査なしで可能となっています。限度額が10万円になっているなら、10万円までだったらいくらでも好きに借りられるのです。

そういうカードローンを一つ持っていたとしたら、少なくとも10万円を超えない利用に限ってはそのカードローン一つで十分ということになりますよね。

仮にその限度額では少なすぎるとなったときも、慌てて別のカードローンに申し込む必要はありません。限度額というのは後からでも調節が利くようになっているからです。今の限度額を増額してもらうこともできるのですね。

10万円の限度額を20万円、30万円にすることはできるということなのです。もちろん自分の返済能力がその限度額に追い付いていればという条件付きではありますけどね。返済能力的に今の限度額で限界なら、それ以上の増額は難しいかもしれません…。

少し話が逸れましたが、要はたいていの状況は一つのローンで何とかなるし、仮に一つでは足りなかったとしても二つか三つあればまず十分だろうという状況なのです。

こういう状況にありますので、ローン申請をいくつも同時撃ちするというのは普通の人がやることじゃないと判断されるリスクがあるのですね。ゆえに、やめた方が無難であるとは言えるのです。

したがって、「銀行ローンを同時に申し込むとだめか?」というよくある質問の答えもわかりますね。「やめた方が無難」ということになります。

特に銀行のローンとなると消費者金融などのものより基準が厳しいことが少なくありません。他のローン申請だとそんなに問題にならないことでも、銀行ローンだと若干のマイナス分になってしまう可能性があります。

銀行ローン審査でも余裕でクリアできる人ならいざ知らず、通過できるかどうか微妙なところである人がローン申請を同時撃ちして、そのマイナス分の加算によって審査落ちとなってしまってはあまりに悔しすぎますね。

審査にそこまでの自信がない人なら、銀行のローン申請は一つずつやることの方を勧めます。銀行ローンでも即日融資可能といったカードローンはありますので、そういうものを選べば審査結果もすぐにわかります。こういう便利なサービスを選び、一つずつ確実に試してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加