> お金を借りる > 準備のために知りたい!銀行のローン審査が通らない理由はこれだ

準備のために知りたい!銀行のローン審査が通らない理由はこれだ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.06

銀行のローン審査が通らない理由とはどんなものがあるのでしょうか?ローン審査に落ちて悩んでいるという声は意外とたくさんあります。周囲で聞かれることもあるでしょう。これから銀行でローン審査をしようと思っている人には大変気になることだと思います。

こういうことをするとローン審査に落ちかねない…ということで、準備のためにもこの話をしっかりと確認しておきましょう!基本を押さえれば難しいと言われる銀行のローン審査も通過できますよ!

基本的条件を確認しよう!

ローンを利用するために基本として押さえないといけない条件は主に二つです。それは仕事をしていること、収入があること。この二つが基本であり、この基本を押さえたその先に初めてお金が借りられるかどうかという話になってきます。

どんなに簡単なローン審査でもこの二つを外しているとまず可能性がありませんから、ローン審査の通過を考えるのならまず最初にこの条件を外していないかどうかを確認すべきです。

そしてできればこの二つの条件が望ましい水準に達しているのがベスト。消費者金融などであれば少々低い条件でも借りれることが多いのですが、銀行で借りようと思ったらある程度の条件が欲しいところです。アルバイトなどよりは正社員の方が望ましいでしょうし、年収も高い方がよいでしょう。

ただ、銀行のローンでも簡単なものを選べばアルバイトの低年収で使えることもあります。自分の条件が不安ならローンの条件によって審査のハードルを調整しましょう。

他に見られるポイントは?

ローン審査は基本的に仕事と収入です。この二つがバッチリであれば少々他の条件が悪くても審査に通る可能性は高いですが、その逆は少し注意が必要です。

条件の組み合わせによっては十分に可能性がありますが、基本である仕事と収入が覚束ない状態では審査に落ちる可能性が高いですからご注意を。プラスαの話として、この基本以外にはどういう条件が見られるのでしょうか?

たとえば、年齢や家族構成なども勘定されます。それがローンにいったいどういう関係があるのかという話ですが、お金を返してくれる人かどうか、金融機関は経験からも判断できます。「○○という条件の人はお金を返しやすく、逆に××という人は滞納する可能性が高い」というような判断ですね。

もちろんそういう予測が絶対正しいわけではありませんが、経験からいって安心できる人と不安になる人がいるのは間違いありません。そういう部分もある程度勘定しているのです。

というような部分のため、一見するとローン審査には直接関係ないようなことが審査で聞かれることもあります。それも審査の材料として聞かれていることですから、正直に答えるようにしてください。

銀行の審査が不安!というときは

ローンを利用するとき、「やっぱり銀行がいい!」という人は少なくありません。世間体からいっても消費者金融よりは銀行が選ばれやすい傾向があります。

いろいろ思うところはあるでしょうが、「やっぱり銀行がいい!」と思うのであれば銀行で借りれた方が嬉しいですよね?

そのためには何としても銀行のローン審査を突破したいところだと思いますが、それにはこれまでお話してきた審査のポイントに気をつけ、条件を整えればよいわけです。

そんなすぐには条件は整えられない?確かにそういう面もありますよね。年収だって「低くていい」なんて思ってる人は少数派でしょう。高いなら高い方がいいに決まっています。しかし自分の意志だけでコントロールできる要因ではありません。

ローン審査を受けるにあたっての条件が今一つである中、どうしても銀行のローンを使いたいなら条件を落として審査のハードルも落としましょう。

キャッシングやカードローンというものを選んでください。一番簡単に使えるローンであり、これを選んでいれば審査も簡単になる傾向があります。

キャッシングやカードローンがあれば、条件が悪い人でも銀行で借りれる可能性は低くありませんよ!こういう手段も駆使して銀行から借りてみてください。

このエントリーをはてなブックマークに追加