> お金を借りる > 知っておくと審査が安心!銀行がお金を融資したい人とは

知っておくと審査が安心!銀行がお金を融資したい人とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.18

お金を借りるなら銀行だと思っている人も多いですよね。しかし借り入れ審査が厳しいのも銀行です。銀行は貸付条件が優れている傾向があるのですが、だからこその審査の厳しさと言えるかもしれません。うまい話はないものです(笑)

条件がいいからこそ審査が厳しいというのは納得したとして、では銀行がお金を融資したい人とはどんな人なのでしょう?

その人物像に自分が合致していれば審査を通過できる見込みも高いと思えますよね。知っておくと審査が安心ですから、銀行で借りたいと思っている人は確認してみてください。

信用力の高さが重要

銀行がお金を貸したいと思っている人はどんな人なのか?職業はこれをやっていて、年収はこれくらいで…というほど具体的な人物像があるわけではありません。職業も年収も基本的にはこれでなくてはだめだという一線はありません。

突き詰めれば、銀行側が求めているのは信用力の高さだと言えます。信用力さえ高ければ具体的にどういう人物であったとしても基本的には問題ないのです。

では信用力の高さとは何でしょうか?社会的身分や人望というものもカウントされるかもしれませんが、借り入れ審査で言うところの信用力というのは経済的な力もなくてはなりません。

いかに人望が厚い人物であったとしても、ホームレスをやっているような人に銀行はお金を貸したいと思わないでしょう。

仕事は何でもいい…と言いたいところですが、銀行でお金を借りようと思うならできれば正社員・公務員系の立場である方が望ましくなってしまう実情があります。

収入や勤続年数によっては契約社員や派遣社員でも可能性はありますが、銀行がより進んでお金を貸したいと思うのはやはり正規雇用系の仕事だという現実はあります。

そういう仕事に就いていて経済力もあれば銀行がお金を貸してくれる見込みは高いでしょう。あとは社会人として非常識な振る舞いをしないことです。どれだけ高い経済力を持っていても人間として信用できない人には銀行も及び腰になりますのでご注意を。

銀行でお金を借りる簡単な方法

正社員系の立場に就くのが難しくなっている昨今、以上の話を知ると「銀行で借りるのはムリだな」と思える人もおられると思うのです。

確かに「これぞ銀行!」というような好条件でお金を借りようと思えば高い信用力が必要になるのは間違いありません。しかし銀行でお金を借りる方法は高い信用力にモノを言わせることがすべてはありません。

最低でも銀行で借りれればいいと思うのであれば他にも方法があります。

最近は銀行にもカードローンというものがあります。これは簡単に使えるローンであり、信用力もほどほどのレベルがあれば使えるようになっているのです。これに限ればそこまで高い信用力がなくても銀行からお金を借りることはできるのです。

非正規雇用でも銀行で借りることはできる!

つまり、銀行の審査をほとんど顔パスのような形で通過できるような人でなくても銀行で借りることは可能だということです。

ちなみに、カードローンに限っても銀行の条件は悪くありません。サラ金等でカードローンを使うことに比べたら銀行で借りた方がお得ですから気をつけましょう。

最低限の信用力があるなら銀行でカードローン!銀行の審査を楽勝で通過できなくても銀行の融資は利用できるということを知っておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加