> お金を借りる > 条件面以外にもある、意外な銀行カードローンの利点!

条件面以外にもある、意外な銀行カードローンの利点!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.05.09

カードローンはカードローンでも銀行カードローンの方がお得だと言われることはよくあります。消費者金融などの信販系カードローンに比べ金利面で低くなっていることが多いのです。

仕組みも限度額も同じカードローンなら、あとは金利が低い方がお得だと感じる人の方が多いのではないでしょうか?

唯一ネックなのは銀行の審査の方が若干厳しいことが多いということですが、これもカードローンを選べばそこまで気にする必要のないネックです。

カードローンの審査は比較的簡略なものであり、たとえ銀行系カードローンであってもそれは変わりません。信販系カードローンに比べればやや厳しいかもしれませんが、銀行で受けられる融資の中では格段に簡単な方だと言えるでしょう。

というわけで、銀行カードローンの利点というのは条件面で有利だというものがまず挙げられるのですが、その他にも銀行カードローンを使った方がよいと言えるような利点があります。

ここから先はあまりはっきりとした話ではないのですが、なんとなく銀行で借金する方がイメージ的にクリーンだということがあります。

借金をすることが悪いことでは決してないのですが、残念なことにいまだに借金をすること自体がよくないことだという風潮は一部残っています。

借金自体を悪とする風潮から言うと、消費者金融で借りるのは本当にダメな人だけ、というような目を向けられがちです。消費者金融は貸付業務以外のことはやっていないですし、それだけ金利が高いこともあり、銀行よりは少し低く見られがちなところがあります。

もちろん消費者金融が銀行よりも劣っているといったことは決してないのですが、そういう目に見えぬ風潮や偏見というものがあるのは事実ですから、消費者金融を利用した場合、そういう偏見にさらされる可能性があることは予測しておいた方がよいかもしれません。

特に借金自体に抵抗がある人からはそういう目で見られがちでしょう。借金自体が悪という人達の目で見れば、仮に銀行で借りたとしても一緒かもしれませんが、消費者金融で借りるよりは少し風当たりが弱くなります。

銀行はお金に関する業務の中枢を担っている機関であり、貸付条件も悪くありませんから、どうしてもお金に困った人が最初に駆け込む場所になりますよね。そこで借りるのはまだ自然というわけです。

これが消費者金融で借りたとなると、銀行で借りずにわざわざ消費者金融で借りるなんて、銀行で借りられない理由でもあるのかという風に、さらなる偏見の目で見られることも残念ながらあり得ます。

単にちょっとお金を借りたかっただけなのにこういう面倒くさい話に巻き込まれるのはたまらないと思うなら、できれば銀行で借りた方が便利だと言えるかもしれませんね。

同じようなカードローンであるのなら、銀行カードローンを選んだ方が風当たりが弱いという何とも微妙な利点ではありますが、借金をしたことでヘンな目で見られるのは嫌だという人にとっては大事な点ではないでしょうか。

カードローンなら銀行のものでも審査も簡単になります。積極的に狙いたいものでありますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加