> お金を借りる > 親の同意なしで学生が借りるとき有利になる条件はこれだ!

親の同意なしで学生が借りるとき有利になる条件はこれだ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.05.11

学生でもお金を借りたいと思うことはあるでしょう。特に大学生などになるともう感覚的にはオトナであり、いちいち親の同意を得るのは面倒だし嫌だと感じることもあると思います。

自分が必要だと思ったタイミングで借りたいというのがホンネかと思いますが、親の同意なしで学生がお金を借りることはできるでしょうか。

学生といってもいろいろな立場が考えられますが、未成年者であることがほとんどである高校生以下の場合、親の同意なしでお金が借りられる可能性はほとんどありません。

親の同意付きであってもキャッシングほどすぐにお金を借りることは難しいかもしれません。親の同意という形で連帯保証人をつけることでようやく可能性が出てくるという程度だと思っておいてください。

そういうケースは除き、すでに成人した大学生以上という学生のケースを考えてみましょう。年齢的にも状況的にも、一人で借りられてもおかしくない条件が揃っている大学生という立場ですが、親の同意なしでも借りられるのでしょうか?

年齢的にはもうキャッシングの年齢制限に引っかかることはありませんので、あとは本人の年収次第というところでしょう。

といっても、学生という立場ではできるアルバイトや働ける時間も限られるでしょうから、年収といっても百万に届かないことがほとんどではないでしょうか。

それでも少しは年収があればキャッシングが利用できることはあります。もちろんその年収に見合った、微々たる額しか借りられないことがほとんどだとは思いますが(笑)。

そういうお小遣いレベルのキャッシングではなく、社会人と同じようにガッツリとキャッシングしたい!というときはどうすればよいのでしょうか。学生がキャッシングするときに有利なる条件を考えてみます。

といっても、学生という立場を維持しているのであれば、できる仕事はアルバイトか、あとは自営業をすでに始めているという状況程度でしょうか。いろいろなパターンは考えられますが、ここではアルバイトのケースだけを考えてみます。

親の同意なし、本人の肩書だけでガッツリとキャッシングするために必要な条件と言えば、普通に「年収があること」だと言えます。

つまりは普通の社会人と同じような条件なのですね。年齢的にはもう問題ないのですから、あとは年収されあればキャッシングに何の問題もありません。

たとえばなんらかの条件で休学していたり、すでに大半の単位を取り終えていて一日の大半の時間をアルバイトに回せるという学生もいますよね。

そういうケースで、アルバイトでしっかりと稼ぎ、フリーターといった立場と同等の年収を得られていたとしたら、学生という立場でもそれなりにキャッシングできる見込みがあります。

自分の肩書きだけでキャッシングしたいのであれば、とにかく年収があれば有利になるということを覚えておいてください。その点さえ押さえていればかなり融通も利くようになり、普通にキャッシングできる幅も広がるということです。

このエントリーをはてなブックマークに追加