> お金を借りる > 信用はアリ?ナシ?学生のキャッシングの実情と注意点!

信用はアリ?ナシ?学生のキャッシングの実情と注意点!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.21

学生という立場でもお金を借りたいと思うことは多々あると思います。となると、ときには「キャッシングしたい!」と思うことだってありますよね。

キャッシングが使えれば親や友達に肩身の狭い思いをしながら頼み込む必要もありません。使えれば実に便利なサービスです。

しかし学生という立場でキャッシングは利用できるでしょうか?利用できるという意見もあれば、無理という意見もあります。学生がキャッシングできる可能性というのはどれくらいあるものなのでしょう?実情を見ていきましょう。

キャッシングに大事なのは「信用」

キャッシングを利用するためには審査を受ける必要があるのは知っていますよね?審査を通過できる人にだけキャッシングというのは提供されるものです。

ではこの審査というのは何を見ているものなのでしょうか?これは信用があるかどうかを調べているものになるのです。

キャッシングで大事なのは「信用」。信用というとちょっと曖昧になりますが、でもこれは自分がお金を貸す側の立場になってみれば実によくわかることです。

自分がお金を貸してもよいと思う相手はどういう相手でしょうか?やはり「信用できる人」ということになるのではないでしょうか?

曖昧な基準のように思えて、大事なお金を貸す上では誰もが口にする基準でもあります。学生がお金を借りられるかどうかはひとえに「信用してもらえるかどうか」にかかっていると言えるでしょう。

ちなみに、キャッシング審査における「信用」というのは経済力のことだと知っておくとよいでしょう。経済力のある人ならお金を貸しても返ってくるだろうと「信用」できるからこそキャッシングを利用できるのですね。

学生がキャッシング審査で「信用」を得るには?

学生という立場でキャッシング審査における信用を得るにはなにが必要なのでしょう?といっても答えはもう出ていますね。

キャッシング審査における信用というのは経済力のことでした。学生においても答えは同じであり、「経済力」があれば学生でもキャッシング審査において信用を得ることができます。

学生が経済力を得るにはどうすればよいのでしょう?これはもう働く以外に他ありません(笑)。学生でもできる仕事というとアルバイトがメインになるかもしれませんが、その程度で全然構わないのです。

ほんの少しでも経済力があれば、それに応じてキャッシングを利用できる可能性が生まれてきます。肝心なのは「年収ゼロ」という立場にならないこと。少しでもよいので年収を得るようにしてください。

ちなみに、さらに信用を得たいのであれば、多少でも年収を得るとともに「一か所に長く勤める」ということをコツとして覚えておくとなおよいでしょう。多少の年収であっても一か所に長く勤めているとさらに信用を上積みすることができます。

親の同意を求められることも

学生がキャッシングする上でよく言われるのが「親の同意」というもの。未成年の学生であればまず間違いなく要求されるものの一つです。

未成年や信用力が低くなりがちな学生は親の同意のもとにキャッシングを利用できることがあります。これはお金を返しきれなかった時の保険をかけられていると思っておいてください。事実上の連帯保証人です。

学生がキャッシングを利用してお金を返しきれなかったとき、保護者である親が代わりにお金を返すという約束の元ならキャッシングを提供するというわけですね。

学生のことを全く信用しないわけではないのですが、やはり多少の不安要素もあるということでこのような対応を取られることもあります。

保護者の同意を取り付けないと借りられないというのは悔しいことかもしれませんが、本当に自力でお金を返しきれれば親に請求がいくことはありません。これも手続きの一つなのだと割り切って同意を取り付けましょう。そうすれば学生でも借りられる可能性は高まります。

このエントリーをはてなブックマークに追加