> お金を借りる > 学費が足りない未成年にオススメの金策テクニック!

学費が足りない未成年にオススメの金策テクニック!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.05

未成年でもお金が借りたいと思えることに「学費」がありますね。学生であることが多い未成年にとっては悩むことの多いお金ではないでしょうか。

額も何十万、下手をすると何百万になることもあるお金です。勉強するために用意しないといけないけど、自分のお金だけでは足りないということも出てくるでしょう。

お金が足りないときはローン等で借りるというのが一般的方法の一つですが、学費が足りない未成年は借りることができるのでしょうか?

自分一人では借りれないことが多い

学費という名目は遊ぶお金などに比べると非常に建設的で前向きなお金ですが、そういうものであれば喜んで貸してくれる金融機関がありそうなものですよね。

しかし、いくら学費のためとはいえ、未成年が自分一人の名義でお金を借りれることはあまりありません。まして学費は大きなお金が必要になることもありますよね?

そんなお金を未成年に貸すと返済不能に陥って貸した側にとっての損失となることもあります。金融機関側にとってもかなり難しい選択となってしまうのですね。

学費に限らず、未成年が自分一人で金融機関に出向き、学費を借りられることはそう普通ではないということをよく覚えておいてください。

奨学金などの利用はできないか?

もしどうしても学費が足りないというのであれば、別の手段で学費を調達できないか、一度は考えてみたことはありますか?まだ一度も考えていなかったのなら考えてみることを勧めます。

一番有名な方法は奨学金ですね。これもまた借金の一つには数えられますが、学生の学費に特化した制度です。

未成年が一人でローンを利用することに比べたらまだ可能性があります。利用している学生も多いですから、これを利用できないか真剣に考えてみてはどうでしょう?

また、学費を払うためのお金を調達するという方法ではなく、必要な学費そのものを減らすという方法もあります。成績優秀かつ家計の苦しい学生には学費の免除や減額という制度が用意されていることが多いですね。

どこまで学校側が強くアナウンスしているかはわかりませんが、よく調べてみてください。よくある制度ですから、知らないと損しますよ。

これらの方法によって足りない学費を何とかすることもできるということ、一応覚えておいてください。

それでもだめならキャッシング!?

奨学金や学費の免除などは成績優秀であることが求められることもありますよね。その関係でそちらがよかったけどダメだったという人も多いと思います。学費が足りない、でも奨学金等の方法も使えない。そんなときはどうしたらよいのでしょうか?

そんなときはキャッシングを考えてみてはどうでしょうか?お金が足りないときは借りるというのが基本的な方法ですよね!未成年では多少利用が難しいところがありますが、まったく可能性がないわけでもありません。

未成年がキャッシングできる一番スタンダードな方法というと、親の同意付きの借入です。親が連帯保証人となることで、銀行なども未成年に貸付する例があります。

自分一人の名義ですべて手続きを進めることは難しいですが、保証人をつけられるなら問題はありません。

また、あまり一般的でないかもしれませんが、学生を対象としたローンプランなどがあれば未成年でも利用できる可能性がありますね。

一応チェックしてみて、未成年でも使えるかどうか問い合わせてみましょう。可能性があるなら受けてみるべきですね!

ただし、これらの方法でお金を借りるなら本人にある程度の収入があることが必須です。アルバイトをやらなくては利用できないことが多いですからお気を付けを。

学費が足りないときは、いざというときこれらのキャッシングを利用できるように、とりあえずアルバイトを始めておいてはどうでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加