> お金を借りる > 問題ナシ!?色々お金を借りている人でも普通に借りられるケース

問題ナシ!?色々お金を借りている人でも普通に借りられるケース

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.05.11

比較的簡単にお金が借りられるサービスのことをキャッシングなどと呼びますが、いつでも誰でも使えるわけではありません。これもまた借入サービスになるのですから、利用するためにはそれ相応の資格がなくてはなりません。

その資格とは、ちゃんとお金を返済できるだけの仕事や収入があり、今他に過度な借金がないことだと言えます。これらの条件が整っていれば、キャッシングを利用して簡単にお金が借りられるでしょう。

ではもし今色々お金を借りているという状況にあったとしたらどうでしょうか?この場合、キャッシング審査においてはどのように判断されるのでしょう?

比較的審査が簡単と言われるキャッシングなのですが、すでに今借金がある人にとっては必ずしも審査が簡単と言ってよいかはわかりません。今現在借りている借金分はしっかりカウントされ、その上で返済能力を調べられることになるでしょう。

つまり今色々お金を借りている人が新たにキャッシングが利用できるかどうかは、本人のステータス次第です。借金も多い代わりに年収なども多いのであれば、新たにキャッシングができる可能性はあるでしょう。

もし色々作ってしまった借金によって返済能力がいっぱいいっぱいだと判断されたとしたら?そのときはキャッシングといえど審査に落とされる可能性が非常に高いと予想されます。

条件さえよければ借りられる可能性の高いキャッシングというサービスですが、条件があまり良くなかった場合、審査に落とされてしまうのもよくある話なのです。

しかし、「色々借金があったけどキャッシングできた!」という人がいるのも事実です。そういう人はつまり年収が高いとか、そういう条件があったからだと言えるでしょうか。

いいえ、本人の状況を見る限り、とてもそんな高いステータスがあるとは思えないのに、いくつもの借金を抱えたままキャッシング審査に通過できたというようなケースもあります。これは一体どういうことでしょうか?審査に有利となる裏技でもあるというのでしょうか?

実は、キャッシング審査で対象になる借金というのは種類が決まっているのです。いくつもの借金を抱えたままキャッシング審査に難なく通ってしまった人というのは、キャッシング審査で問題になるような借金は一つも抱えていなかったという可能性が考えられます。

ではキャッシング審査で問題になる借金というのはどういうものなのでしょうか?これは金融機関や金融会社から借りた借金などです。こういうものは信用情報機関に記録が残ってしまうため、「色々借金をしている」ということが容易に判明するのです。

しかしこれが個人間の借金であったとしたら?たとえば親や友達から借りた借金ばかりという状態だった場合、信用情報機関にその記録が残ったりはしません。私的な借金を公的記録で追いかけることは不可能なのです。

公的記録に残ってしまうような借金が一つもない場合、実際には色々借金がある人でありながらも、公的には一つも借金がない人という風に扱われたりすることも…。こういうケースならキャッシングを新たに利用するのは難しくはないでしょう。

ただし、マナー的にはよいことかどうかは熟考の余地があります。ここでキャッシングを新たに利用して、本当にすべての借金を返しきれるのかどうか、よく考えてみましょう。返しきれない借金はしないのがマナーです。

このエントリーをはてなブックマークに追加