> お金を借りる > 複数利用もアリ!カードローンで考えたいケースとは

複数利用もアリ!カードローンで考えたいケースとは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.04.11

人気のキャッシングサービスに「カードローン」というものがあります。

いくらかのお金を借りられる審査だけを先に受けておき、後はその額の範囲内で自由に借りられるというものになるのですが、体感的にはカード一枚でするりとキャッシングができる、非常にスマートなサービスに感じられるでしょう。

カードローンで借りられる最大の額はいくら?

非常に高い利便性を誇るカードローンですが、このようなスマートな方法によっていくらくらい借りることができるのでしょうか?

具体的な最大借入額というのは各カードローンによって違ってきますが、それを知りたいときは各カードローンの「最大融資額」というものを見てみましょう。

カードローンの貸付条件はHPなどでよく一覧表になっています。それを参照すれば、最大融資額というものもまず間違いなく表示されていることでしょう。

これが100万程度が限界となっているものもあれば、最大でなんと1000万もの大金を借りられるカードローンも存在します。最大融資額がいくらのカードローンを選ぶかによって、自分がカードローンで最大借りれる額も変わってきます。

ちなみに、最大融資額というのは「審査結果によっては、最大でこの額まで貸せる」ということです。利用者が希望さえすればその額を無審査で貸してくれるわけではありません。

最大融資額を利用しようと思ったら、それなりの年収が必要になることは一応ご確認くださいね(笑)。

カードローンだけではお金が足りないときも

審査の結果、自分がそのカードローンの最大融資額を限度額に、カードローンサービスを利用できることになったとしましょう。

その場合、そのカードローンの力を最大限に引き出せることになるのですが、その最大融資額をもってしても自分が必要としているお金を集めきれなかったとしたらどうでしょうか?

そのとき使っているカードローンが、すでに最大融資額分まで利用されている場合、そのカードローンによって追加融資を受けるのはまず不可能です。

カードローンは比較的融通の利きやすいサービスではありますが、最大融資額を越えてお金を借りられることはまずありません。

その場合、今利用中のカードローン以外の方法によってお金を調達するのが現実的ですが、また別のカードローンを利用するという方法を取ってもよいのです。

カードローンは一つしか契約してはいけないという決まりはないのですから。

カードローン複数利用のために必要なものは?

しかし、カードローンを複数利用しようと思えば、必要な条件があります。それは、カードローンを複数利用し得るだけの信用力です。それがないと当然、カードローンの複数利用は不可能です。

どういうことかというと、簡単に言えば「カードローンを複数契約して利用したとして、本当に遅延なくお金が返せるのか?」ということです。

比較的気軽に使えるキャッシングとはいえ、カードローンも滞納には非常に厳しい姿勢が取られます。遅延なく返済できるという信用を得られなければ、カードローンも利用できないことが多いのです。

今現在契約しているカードローンは最大融資額で利用しており、それでもお金が足りない。返済能力的にはまだ問題はなく、これまでに一度の返済遅延もない。

こういった条件が揃えば、カードローンの複数利用も可能でしょう。今利用しているカードローンの最大融資額が少し物足りないという人は、複数利用も考えてみてはどうでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加