> お金を借りる > フリーターでも使えるカードローン、利用のコツのご紹介!

フリーターでも使えるカードローン、利用のコツのご紹介!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.07.25

お金を借りるときはどのサービスに申し込めばよいのでしょうか?どれを使えばいいかわからないときはカードローンを利用してはどうでしょうか?

カードローンは手軽に借りられることからお金を借りたい多くの人に人気。もしかして噂を聞いたこともあるのではないでしょうか?

ところでこのカードローン、利用者はどのような人になるのでしょうか?ローン系のサービスを前にして「実はフリーターなんですけど…」と不安になる方もおられます。

フリーターという立場ではあまりたくさんのお金は借りられないのは事実ですから、不安になるのも当然かもしれませんね。フリーターでもカードローンが使えるのかどうか、気になる人はぜひご確認を!

フリーターでもカードローンは使える!

フリーターというのは主にアルバイトなどで生活している人のことですよね。アルバイトで生計を立てているだけに、年収も100万から200万程度に収まっている例が多く、お金を借りるには少し心許ない状態であることも多いでしょう。

カードローンはいかにという点ですが、問題はありません。フリーターでもカードローンを使っている例は多数あります。

フリーターとしてちゃんと働いているのならお金が借りられる余地は十分にありますので、お金が必要ならカードローンに申し込んでみてはどうでしょうか?

ただし、ものによってはフリーターだと厳しいカードローンもあります。申し込み条件などを確認の上、「アルバイト不可」というような文言がないことを確認して申し込みをするようにしてください。

こういうアルバイトをしていればなお確実

フリーターでもカードローンを利用できる余地はあるわけですが、働いていること、収入があることはきっちりチェックされます。そのときに審査で有利になる条件があります。

フリーターはフリーターでも、短期アルバイトをちょこちょこやっているタイプより、一か所に長く勤めているタイプの方がキャッシング審査には有利です。カードローンの利用においてもこういうタイプの方がよいでしょう。

理由は、勤続年数なども審査の重要なチェック項目に入っているからです。長く一か所に勤めている人の方が将来の経済力を信じられるというわけ。短期アルバイトも悪いわけではないのですが、将来性を不安視される可能性があるのです。

もし審査に落ちてしまったら

フリーターでカードローンを利用しようとして審査に落ちてしまったら、そのときはまずカードローンの条件をもっと落とせないか考えてみてください。

カードローンには限度額というものがありますが、その限度額が高いほど審査も厳しくなります。最低でも50万からしかない限度額のカードローンだとちょっと厳しいでしょうね。

それよりは最低5万から限度額があるカードローンの方が低い年収でも通る見込みがあります。

自分が申請したカードローンの条件が少し良すぎないか、慎重に考えてみてください。少し条件が高すぎたと思うなら、条件を落としてみましょう。そうすれば審査を通過できる見込みもあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加